創業134年の旅館を活用、想いも承継する地域の拠点を作りたい!

創業134年の旅館を活用、想いも承継する地域の拠点を作りたい!
食や地域の想いを承継し、次代に続く地元の拠点にする!「100年先の君へ」をテーマにしたカフェで、人が集まる拠点を作ります。将来は、著名人に愛された老舗旅館を再開し、地元食材を使った料理や紀州徳川家献上料理を提供するお店にし、地域にあかりを灯したい!

老舗旅館の挑戦! 茶寮・カフェをオープンし、地域の拠点を作りたい!
ー100年先の君へー 134年続いた文化も伝統も想いも継承し、
コロナでも疲弊した下津町を知ってもらいたい!
◆はじめに・ご挨拶

和歌山県海南市下津町にある料理旅館一木の一木謙吾と申します。

弊館は今から134年前の明治20年創業、村長であった曽祖父から祖父、伯父と継いだ老舗で、私が四代目となります。先祖が守ってきたこの建物と人との繋がりを引き継ぎ、地域の発展となる場を作りたい。そして、この海南市下津町を少しでもみなさまに知っていただきたいと思い、家業を継ぎました。

昭和初期の一木 外観は今とほとんど変わりません 地元のお祭行列の様子

現在は昼間の営業をしていますが、コロナの影響も大きく、先行きに目処がつきません。老朽によりメンテナンスの必要が建物至る所にありますが、その費用の捻出も大変です。(建物は「登録有形文化財」届出済。)また、この1年半で、下津町周辺の小さな生態系は崩壊してしまいました。一度崩壊した生態系を再生するのは難しく、後継者不足も手伝って、数年後には住処がなくなる危機です。
※海南市は2045年に人口が激減する都市ランキングで和歌山県2位です。

現在はランチ営業中です(水木定休、11:30〜14:00、予約いただけると助かります)
和歌山産ジビエステーキや、鱧カツ定食などの地元産のものから、大エビフライ定食やしらす丼まで、
丁寧に作りますので、ぜひお越しください。

料理旅館一木四代目 一木謙吾

安心して外出、ご旅行ができるようになったその時に、新たな料理旅館一木と下津町の魅力を知っていただけるよう、地域の拠点となるような茶寮・カフェの併設をしたいと思います。

地域の方をはじめとし、今まで下津町を知らなかった方にも足を運んでいただけること、仕事や勉強、ご友人やご家族とのゆったりとした時間を提供できるような空間にします。

この場所は、昔、結婚式などのイベントをやっていた大広間です。
できるだけ手を加えずに、この場所の家具レイアウトを変更し、本玄関から大広間まで明かりや看板を設置し、動線を作ります。トイレはプライバシーが守られるように整備、Wifiの環境を整えたいです。

茶寮・カフェは、
「100年先の君へ」をテーマにし、『歴史』『承継』『発信』をキーワードにしたものにします。

◉ネット環境を構築、仕事や勉強、ご友人との大切な時間に使っていただけるように工夫します。

◉ここで交流する人たちからワクワクするような新しいプロジェクトが創造されることを期待して、文化発信の拠点として、例えば芸術の発表会やeスポーツ・ゲームの大会などでもご利用いただけるように、学生やサークル活動の場としても提供したいです。
◆本クラウドファンディングで実現したいこと

本ファンディングでは、茶寮・カフェの準備に伴うメンテナンス費用のご支援をお願いいたします。

資金の使い道は、
・Wifi環境の整備(10万)
・トイレのリフォーム(30万)
・火事防止のための剥き出し電気配線を整理しLEDに(30万)
・玄関看板と暖簾の新調
の一部に使わせていただきます。

また、ネームプレートのリターンを用意いたしました。館内に設置し、ご支援いただいた方とともにこれからの歴史をしっかりと刻もうと思います。
◆料理旅館一木の考えるステップ

将来には、路線を承継した旅館の再開を考えており、

・ちょっと良い大人旅をする旅館
・熊野古道への導線とした海外の方向けのポータル施設

を目指し

タイトルとURLをコピーしました