植田朝日 最新作!コロナ禍のサッカーファン、スポーツバーを描いた、映画『ユルネバ2021 眠らない街』!!日本のサッカー文化を世界へ!!

植田朝日 最新作!コロナ禍のサッカーファン、スポーツバーを描いた、 映画『ユルネバ2021 眠らない街』!! 日本のサッカー文化を世界へ!!
植田朝日 最新作!コロナ禍のサッカーファン、スポーツバーを描いた、 映画『ユルネバ2021 眠らない街』!! 日本のサッカー文化を世界へ!!

皆さんこんにちは!植田朝日です!

この度、久々に僕が愛するFC東京を題材にした映画を撮ろうと、『ユルネバ2021 眠らない街』のプロジェクトを立ち上げました!今作品は2015年に製作した、『ユルネバ〜キミは一人じゃない〜』の続編と言える作品です。今回はアイドルグループ『仮面女子』、プロダクション人力舎、そしてFC東京からのご協力をいただく事ができました!皆様是非このページを読んでいただき、ご支援いただきます様、よろしくお願いいたします!

【映画撮影を決めたタイミング】

僕が、なぜ今また急に映画を撮ろうと思ったのか?まずそのキッカケをお話しさせてください。

それは今年の8月3日。東京オリンピック、男子サッカーの準決勝・日本vsメキシコの試合の日でした。日本は惜しくもメキシコに敗れ、3位決定戦に回る事となりました…。負けて悔しかったというよりも、これまで世界中でずっと応援してきた自分からすれば、何年も前から楽しみにしていた世界最大規模のビッグイベント。しかも自国での開催。なのに無観客試合で、声を出して応援どころかスタジアムにも入れない…。自分の無力さに悔しくて、悔しくて…。

さらに翌日の8月4日。この日は僕の友人でもあり、最高に熱くて最高なフットボーラーだった松田直樹の命日でした。あれから10年…、僕はいても立ってもいられなくて、アイツのクラブでも代表でもホームだった横浜国際総合競技場になんとなく行ってきました。ナオキのユニフォームを着て…!前日の悔しさを紛らわす為に行ったのかもしれないけど、何かそこで感じるものがありました。あの人懐っこい感じで「朝日くん、頼んだよ!!」って。ナオキの事はずっと心にある。でも、心にあるだけじゃなくて、彼の事や彼の死をキッカケに普及が進んだAED(自動体外式除細動器)の重要性をもっと語り継がなきゃいけないし、知らない人には伝えなきゃいけないと思ったのです。

そして新型コロナの猛威は収まる兆しはなく、映画の構想を練り、脚本を進めている中でも緊急事態宣言は継続。他の飲食店が閉店や休業を余儀無くされている中、自分が「FC東京ファンの居場所を残したい」という気持ちから関わってる店舗『CAFE DE CUERVOS』も大打撃を受けてると言う話もあり、このコロナ禍で悪戦苦闘する、FC東京ファンが集まるスポーツバーを舞台にした作品を描きたいと思いました。こんな状況でも決して諦めない…ネバー・ギブアップの想いを込めた物語、それが今作『ユルネバ 眠らない街』です。

【『ユルネバ』って、何?】

僕、植田朝日が2007年に『劇団コラソン』を旗揚げして以来、2021年9月現在までに75回の公演を行い、おかげさまで満員劇団へと成長していきました。

中でも『劇団コラソン』の看板演目のひとつが、FC東京サポーター達のアンセムである「You’ll Never Walk Alone」をベースに書き起こした『ユルネバ』です。そしてこの舞台を基に、2015年の映画『ユルネバ〜キミは一人じゃない〜』を製作しました。

当時、劇団コラソンに所属していた黒田耕平を主役に、ゆってぃ、元アイドリング‼︎!の橘ゆりか、倉田瑠夏、関谷真由が出演。さらにイタリアから、当時インテル・ミラノ所属だった長友佑都選手が友情出演し、様々なサッカーメディアなどでも紹介されました。さらに全編iPhoneでの撮影という奇抜なアイディアも話題となり、東京国際スポーツ映画祭2015では観客賞を、ヨコハマ・フットボール映画祭2015では観客賞と審査員特別賞を

タイトルとURLをコピーしました