種子島で採取した天然麹菌と島の天日塩から酵素の活性が残っている生塩糀を作りたい。

種子島で採取した天然麹菌と島の天日塩から酵素の活性が残っている生塩糀を作りたい。
4年前に種子島の空気中から採取した天然麹菌ですが沢山の人との出会いと助けがあって今があります。土着菌や野菜の在来種のように麹菌にもその土地に合った麹菌が存在していたのではないかと考えています。種子島の杉から麹作りの道具たちを手作りし、島の自然の恵みを生かした発酵食を展開してゆきたいと思っています

自家採取した種子島の天然麹菌と島の天日塩から酵素の活性が残っている生塩麹を作りたい‼️

たねの島糀店

皆さんこんにちは。

数あるプロジェクトの中からこちらのページを見て頂きありがとうございます。

2017年7月に種子島の空気中から麹菌を採取することに成功しました。

この麹菌と主人の作る太陽と風の力で造る天日塩で酵素の活性が残っている今までにない塩糀を作りたいと思っています。

今回は商品化に向けて、麹を作る為の道具や資材の資金と、より安全性を確保するために採取した麹菌の遺伝子分析費用を皆さんからご協力頂きたいとクラウドファンディングを立ちあげました。

【種子島への移住】

神奈川県で産まれ育ち同郷の主人と結婚しましたがその後すぐに主人が青年海外協力隊に参加。ボリビアで2年間生活し都会での生活に疑問を持ち、少しでも農的生活がしたいと住むところを探す旅に出ました。 ワンボックスカーにテントを積み込み家族4人(長男2才、次男生後6ヶ月)で5ヶ月間の旅の末、移り住んだのがここ種子島でした。 以来地の利を生かした仕事として孟宗竹を使った流下式塩田による天日塩つくりを夫婦でしております。

【発酵のはじまり】

私の発酵のはじまりは地域の人達との味噌作りや島のフルーツを使った天然酵母のパン作りからでした。 実家が造り酒屋だったこともあり、私が天然酵母のパン作りから酒種酵母によるパン作りに移行していったのは自然な流れだったのかもしれ ません。

しかも麹菌があれば日本の調味料を全て作ることが出来ます。 それから少しずつですが麹を作って日本の調味料も作るようになりました。

【空気中から天然麹菌を採取】

そうして麹作りにのめり込んでいった頃お隣の屋久島で麹文化研究家のなかじさんの『稲霊から種麹をつくる』というリトリートに参加。

その時天然麹菌を採取してみたいと言っていた私に、なかじさんが『沖縄には空気中に黒麹菌が浮遊しているというからもしかしたら種子島でも天然の麹菌が採取出来るかもしれませんよ。』と誘って下さり、室町時代から続く種麹屋さんが古来からしていた手法を教えて頂き2017年7月自然界からなんと!麹菌を採取することに成功しました。

【東京工業大学の麹菌のゲノム解析】

2019年12月に公開された東京工業大学とグルナビの共同研究によるゲノム解析により今まで麹の世界では定説とされていたことが覆されました。

麹菌A. oryzaeの進化と家畜化の関係 大規模比較ゲノム解析で新たな仮説を提唱
要点 日本全国から収集した麹菌82株の全ゲノムレベルの多様性を解読 祖先株間で複数の有性生殖が起こっていたことが明らかに 人間による家畜化が麹菌のゲノム進化に及ぼす影響を提唱 概要東京工業大学 生命理工学院 生命理工学系の山田拓司准教授、渡来直生大学院生らは、ぐるなびとの共同研究により、日本全国5社の種麹屋から収集した...

1つはカビ毒を産生するアスペルギルス-フラバスが長年の人間による家畜化によりフラブスが無毒化され麹菌が生まれたという説。

また麹菌はその産業用途により醤油用、酒用、味噌用のグレードに分類されており、採取元では分類されておらず、今回の分析からこれらのグレードは祖先株の変異の蓄積によるものではなく有性生殖によるものであるということも明らかになりました。

つまり麹菌は太古の昔からカビ毒を産出しない有用菌であり、自然界での有性生殖によりそれぞれの酵素の特異性(醤油用、酒用、味噌用など)もされていたということがわかったのです。

【多数の検査機関からの同定検査拒否】

私が種子島の天然麹菌を採取した2017年にはまだゲノム解析などされておらず、カビ毒を産出する麹菌が存在するという説があった為、同定検査に出そうとしてもカビ毒の危険性を指摘され種麹屋さんで作られる麹菌以外は危険だと殆どの検査機関から検査を拒否されました。 そ