ウェディングフォトを通じて隠岐の島の魅力を伝えたい!

ウェディングフォトを通じて隠岐の島の魅力を伝えたい!
長い遠距離恋愛を経て2020年の10月に隠岐の島で入籍。離れて過ごした日々の中で気づいた写真の大切さ。だからこそ大切な人の側にいれる今、一生の記念になるウェディングフォトを撮りたい。そして大好きな隠岐の島を舞台にいつまでも色褪せることのない写真で島の魅力を発信したい。皆様応援よろしくお願いします!

自己紹介

初めまして、こんにちは。2020年9月に、生まれ育った静岡から、結婚を機に島根県隠岐の島に引っ越してきました、東理華と申します。

本ページに足を運んでくださり、本当にありがとうございます。

6分ほどでご覧いただけますので、読んでいただけると嬉しいです。
目次
1.会いたくても会えない、長かった遠距離時代
2.結婚、そして同棲。
ようやく写真が残せると思ったら
3.1度だけたくさん写真を撮ってくれたニュージーランド旅
4.隠岐の島×ウェディングフォトの出会い
5.資金の使い道
6今後のスケジュール
7最後に
1会いたくても、会えない長かった遠距離時代

私たち夫婦は2年6ヶ月の交際期間を経て、2020年の10月に入籍しました。
しかしこの日を迎えるまで本当にいろいろなことがありました。
なぜなら約2年もの間ずっと遠距離だったからです。
静岡×ニュージーランド(約1年6ヶ月)
付き合い始める前から、彼にはニュージーランドで暮らしてみたいという想いを抱いており、その想いを叶えるべくワーキングホリデービザを取得していました。
簡単には会えない距離になってしまう前に、わたしたちは同じ時間を過ごし、たくさんの思い出を作りました。

(彼が静岡に遊びに来てくれました。)

わたし自身もワーキングホリデー経験者で、やって良かったと強く思っていたので、遠く離れてしまうことへの心の寂しさをぐっとこらえて、彼の挑戦を心から応援していました。お見送り当日笑顔で見送ろう。と意気込んだものの、やはり大好きな人と会えない寂しさ、それによる不安には勝てず1人空港で号泣しました。

(関西国際空港にて。寂しくて涙が止まりませんでした。)

遠距離生活が始まった当初は、彼にも時間があり、「今日は公園行ってみた!」や「銀行に行って口座開設してきたー!!」など、今日したことを楽しそうに話してくれました。その時間が、わたしにとっては本当に幸せな時間でした。しかししばらく過ぎると、友人もでき、仕事も決まり、それはもちろん嬉しいことではありますが、その分忙しくなった彼との連絡はどんどん減っていきました。「淋しい、、」「早く会いたい、、。」不安な気持ちがどんどん膨れ上がっていきました。そんな時に不安を消し去ってくれたのは、彼との数々の思い出の写真たちでした。

「いろんな所に行ったな!」「ニュージーランドから帰ってきたら、今度はどこへ行こうかな。」「私たちならきっと大丈夫だよ、だってこれだけ楽しい時間を一緒に過ごしてきたんだから。」

二人の写真を見ていると、だんだん心が温かくなり、不安な気持ちが少しずつ無くなっていくのが分かりました。
わたしにとって写真は、
一緒に過ごした日々の証であり、
不安を消し去ってくれるお守りであり
いつまでも色褪せることのない大切な思い出を残してくれるものでした。だからこそ何気ない日常でも二人の写真をたくさん残していきたいと彼との遠距離恋愛を経験して強く思うようになりました。
2.結婚、そして同棲生活スタート。ようやく写真が残せると思ったら

2020年3月ようやく彼がニュージーランドから帰国しました。
帰国日が決まってから、会うまでの間わたしはずっとソワソワしていました。そして久しぶりの再会。目の前には大好きな彼がいる。遠距離を乗り越えられた嬉しさ、大好きな人の隣にいれる嬉しさ、気持ちは溢れ出て、その時もまた号泣したことを覚えています。もちろんその時は嬉し涙でした。

(この日は彼のお帰りなさい会。サプライズで花束をいただきました。ここでも号泣

タイトルとURLをコピーしました