歴史ある磯部の花火を守りたい! 磯部温泉花火打上げプロジェクト

歴史ある磯部の花火を守りたい! 磯部温泉花火打上げプロジェクト
群馬県内で最も開催回数が多く、古い歴史を誇る「磯部温泉花火大会」。ローカルな花火大会では異例の長さです。昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となってしまいました。今年は、コロナ撲滅祈願、医療従事者への感謝の気持ちを込めて、なんとか花火を打ち上げたい!皆様ご支援をどうぞよろしくお願いします!

はじめに・ご挨拶

はじめに、新型コロナウイルス感染症に罹患された方々とご家族の皆様に対し、心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い回復をお祈り申し上げます。また、感染拡大防止や治療などに日々ご尽力されている保健機関、医療従事者の皆様に深く敬意を表し、心より感謝申し上げます。

私たち、磯部温泉組合は昭和25年(1950年)に、磯部温泉街の振興のために発足し、今日までに、源泉の管理や、お祭り、イベント、観光PRなど様々な事業に取組んできました。

磯部温泉組合はみんな仲良し!このプロジェクトに一致団結して取り組んでいます(^.^)
昨年の花火大会は中止に

昭和25年から続く「磯部温泉大花火大会」は昨年を除き、一度も中止することなく開催してまいりました。しかし昨年は新型コロナウイルス感染症の影響により中止することになってしまい、地域の皆さんにとって大変残念な結果になってしまいました。

新型コロナウイルスにより、磯部温泉街の経済は困窮を極めています。観光客は令和元年と比べ50%以上減少し、旅館や飲食店ならびにお土産屋さんは多大な被害を被っています。新型コロナウイルスは第2、3、4波とその手を緩めることなく人間を襲い、危険な変異種の存在も確認され、私たちを取り巻く環境はまだまだ厳しい状況です。
今年は花火だけでも打ち上げたい!!!

毎年、8月14日~8月16日の3日間で、「磯部温泉祭り」を開催していますが、「磯部温泉大花火大会」は8月15日の夜に開催する打上げ花火です。

今年のお祭りを開催するかどうか、組合のみんなで話し合い、感染防止の観点からお祭りそのものは中止しますが、この景気が低迷する時に皆さんに花火をみていただき、少しでも元気に晴れやかな気持ちになってほしいと考え、花火だけでも打上げようということになりました。

しかし、この花火大会は地元愛の強い多くの企業や商店、市民の人からの寄付から成り立っています。昨年来コロナの影響で地域経済が衰退しているなか、いつものように寄付を集めるのは困難だろうと考え、クラウドファンディングという手法を取り入れることになりました。今年はなんとしても花火を打ち上げたいです!みなさんどうぞよろしくお願いします。
安中市のご紹介

安中市は、人口は約5万6千人、群馬県西部に位置し、西は長野県軽井沢町に隣接する都市です。妙義山や碓氷峠、榛名山などの山々に囲まれた自然豊かなまちを形成しています。

観光資源も豊富で、歴史的価値のある「碓氷関所跡」や、ぐんま三大梅林のひとつ「秋間梅林」、国内最大級を誇るレンガ造りのアーチ橋「めがね橋」は多くの観光客を魅了しています。また、【日本マラソン発祥の地】として全国的に有名で、毎年5月に開催されている、仮装しながら走る 「安政遠足侍マラソン」 には、多くのランナーが全国から押し寄せます。          

めがね橋の周辺は記念写真のスポットです

「安政遠足侍マラソン」仮装したランナーが沿道の応援者を盛り上げます!
磯部温泉のご紹介

「磯部温泉」は、天明3年(1783年)に浅間山が噴火した影響で噴出したといわれており、日本三奇勝の一つ妙義山が望める碓氷川の清流沿いに開けています。古くから中山道を往来する旅人や近在からの湯治客で賑わっていました。

現在では、7軒の温泉旅館や日帰り温浴施設、足湯があり、明治18年(1885年)に開業したJR信越本線磯部駅から徒歩約5分と電車でのアクセスが良く、市内には「鉄道文化むら」や「めがね橋」などの観光名所があるほか、世界遺産「富

タイトルとURLをコピーしました