どっちがお店のタンシチュー?「グリルにんじん」のお店の味そのままタンシチュー!

どっちがお店のタンシチュー?「グリルにんじん」のお店の味そのままタンシチュー!
大好評だった前回の「レトルト牛タンシチュー」。めちゃめちゃ美味しいのですが、レトルトとしての製法なので普段のお店の味とは異なります。なかなかお店に来れない人にも「グリルにんじん」の味をお届けしたい、そんな思いで作った「お店の味を完全再現したタンシチュー」を限定リターンとして提供します!

どちらが「グリルにんじん」のお店で出しているタンシチューでしょうか?

2つの牛タンシチューのどちらかが本物ですどちらかがお店で出しているタンシチュー、もう一方が今回のリターンですトップ画像、サムネイルで使用しているこちらの写真、どちらも美味しそうなタンシチューです。この2つのうち、どちらかが老舗洋食屋「グリルにんじん」でいつも出しているタンシチュー、もう一つが今回のリターンでおうちで食べられるお店そのままの味を完全再現したタンシチューです!

さて、どっちがお店のタンシチューでどっちが今回のリターンでしょうか?

答えは後ほど。
創業40年超、京都老舗洋食屋「グリルにんじん」

京都の一乗寺エリアの住宅地にある三角屋根の一軒家レストラン「グリルにんじん」。創業40年を超えた今も地元民や他府県から絶えることなくお客の押し寄せる人気の洋食店です。

「グリルにんじん」の名物はビーフシチューやタンシチューなど牛肉を惜しげもなく使った肉料理です。伝統的なフランス料理の技法を使い、3日間かけて作られる濃厚なデミグラスソースとじっくりと煮込んだ厳選牛肉は食べる人の心を掴みます。

老舗洋食屋の本気!ご自宅で食べられる「お店の味を完全再現したタンシチュー」

グリルにんじんのクラウドファンディング企画は今回で3回目となります。

第1弾はビーフシチューのレトルトです。

第2弾は牛タンシチューのレトルトです。

グリルにんじんでは2つのレトルト商品を開発してきましたが、レトルトは製法に制限があります。美味しい商品なのですが、お店の味とは違います。

コロナによる外出自粛などでなかなかグリルにんじんまで来れない方もたくさんいらっしゃいます。テイクアウトや配送の手段もありますが、遠方の方だと届けることが難しいのです。そういった方に何とかしてお店の味を届けられないだろうか?という思いで、今回のリターン、お店の味をそのままご自宅で再現できる真空パウチによるグリルにんじんのタンシチューが生まれました!

それでは冒頭の質問の答え合わせです

どちらが今回のリターンかお分かりですか?

正解は左です!(右がグリルにんじんのお店で出しているタンシチューです)

お店のタンシチューと比べても見た目は全く遜色ありません。正解のタンシチューにもう少し寄りましょう。

近くで見ても美味しそうですね!見た目だけではなく味もお店のタンシチューを完全再現です!

こちらの商品は工場ではなく全てグリルにんじんの店内で作られています。ソースは3日かけて作られ、牛タンはベストな食感になるように注意しながらじっくりと煮込まれた後、厳選した部位を料理人が一枚一枚丁寧にカットしてます。お店の味をそのまま真空パックでご自宅までお届けします。

あの思い出のグリルにんじんのタンシチューの味、目を閉じて味わえばご自宅のテーブルが京都の老舗洋食屋に変わります!ぜひお試しください!
ご自宅での再現レシピ:グリルにんじんタンシチューのバターライス添え

今回特別にこのお店の味そのままのタンシチューを使った自宅で味わえる最高のレシピを提供いたします。

レシピ:グリルにんじんタンシチューのバターライス添え

<材料>
・バターライス
米     2合
玉ねぎ   1/2個
にんじん  1/2本
バター   20g
ローリエ  1枚(あれば)
小ネギ   適量

・タンシチュー
グリルにんじんのタンシチュー(今回のリターンで入手できます)
ヤングコーン 1本(缶詰もしくは茹でたもの)

<作り方>
①玉ねぎとに

タイトルとURLをコピーしました