「いこいの空間を実現」未来を担う子どもたちがスポーツを楽しむ姿が見たい!

「いこいの空間を実現」未来を担う子どもたちがスポーツを楽しむ姿が見たい!
子どもたちが自由に遊べる環境が減っている現代、スポーツに携わってきた私たちが子どもたちにできることは「伸び伸びと運動できる空間」を地域の公園に代わり無償提供することだと思っています。ココロとカラダの健康をスポーツを通して豊かにするサポートを目指します!

はじめに・ご挨拶

初めまして私たちは「日本スポーツ育心会」です。令和元年に”スポーツによる青少年の人材育成”を目的に発足しました。

埼玉県を中心に非営利型としてスポーツクラブと部活動支援を事業としています。
スポーツクラブの指導方針では、「勝利至上主義」ではなく「子どもたちの成長第一主義」を貫き、指導方針に共感して頂くご家庭が多く、クラブに在籍している子どもたちは設立2年で200名を超え、地域最大級のチームとなりました。

このプロジェクトで挑戦したいこと

「伸び伸びと運動できる空間」を無償提供することで、運動をする機会や環境がない子どもたちに運動をより身近に感じて欲しい!

学校に通えない子やハンディキャップのある子が気軽に遊びにこれる場所をつくりたい!

子どもたちが自然と集まってくるようなかつての公園を取り戻したい!

「親子で楽しめる空間」を実現します!
この事業を始めたきっかけ

大人の思考を変え、スポーツをする子どもたちが「楽しく・元気良く・安全に」そのスポーツを本気で取り組める環境を作ろうと思ったのがスタートです。
現代のスポーツ概念を変えないと日本のスポーツに成長が見れないと考えてます。

スポーツで培う「心」は学校でも塾でも教えてもらえません。その場その時にスポーツ体験をすることで身につき、成長できるきっかけが作れます。

未来を担う子どもたちには「夢」と「希望」を抱き、社会に羽ばたける人材になってもらうことを願っております。

これまでの歩み・軌跡

令和2年 9月 「非営利型一般社団法人日本スポーツ育心会」設立

         アドバイザーとして元DeNAベイスターズ井手正太郎さんが就任

    11月  クラブ在籍者100名到達

令和2年 4月  アドバイザーとして元DeNAベイスターズ赤堀大智さんが就任

         東京都私立高等学校 部活動支援開始

         YouTubeチャンネル開設

     6月   元プロ野球選手駒田徳広さんと対談インタビュー

     9月  クラブ在籍者200名到達

    10月  東京都公立中学校部活動支援開始

         TOKYOMX「ヒストリー」に出演 

資金の使い道・実施スケジュール

支援金1,700,000円のうちの手数料を引いた約1,410,000円を

屋内運動施設改装費&環境整備費(テント修繕費、ネット修繕費、安全管理システム費)
           …1,200,000円

備品費(スポーツ用具) …210,000円

の費用に充てさせていただきます。

なお、目標金額を上回った場合は子どもたちがより安全に楽しめる環境(駄菓子屋さん、休憩室など)の設備を追加で設置したいです。

支援金が集まり次第改装&整備に着工し、9月オープンを目指します。
所在地 埼玉県さいたま市桜区 上大久保777-1

※駐車場、待機所の用意もいたします。

↑写真赤枠箇所に施設名、看板等を掲載予定です。

↑画像は整備予定となります。赤線はカーテン式のネットを設置しエリアを分けれるようにします。
 使い方は自由ですのでご相談ください。

[営業時間(仮)]

平日 

  10:00~14:00 予約開放orイベント開催
              非営利目的の団体様への貸し出し。
              イベントでは未就学児を対象にしたスポーツ体験イベント等を企画予定。              

  14:00~17

タイトルとURLをコピーしました