南房総を音楽で元気に!【チャリティーコンサート開催】

南房総を音楽で元気に!【チャリティーコンサート開催】
5月16日、千葉県館山市で入場無料のチャリティーコンサートを開催します!2019年台風15号、その後の新型コロナウイルス感染拡大に耐え、支え合って頑張っている皆さんを無料でご招待。日常を忘れる楽しいひとときをプレゼントします。音楽をきっかけに再び活気あふれる南房総・館山へ!

こんにちは。

私は梅澤茉莉子(うめざわ・まりこ)と申します。都内でテレビ番組などのディレクターとして働いています。

東京出身ですが、両親は千葉県館山市に住んでいて、私自身2015年から2019年まで館山に住んでいました。

2021年5月16日日曜日、

千葉県館山市の南総文化ホール小ホールで、入場無料のチャリティーコンサートを開きます。

館山市や南房総市をはじめとした千葉県の人たちを勇気づけるとともに、

色々なジャンルの音楽を地域の人たちに届けたいと思っています。

なぜ、館山でチャリティーコンサートなのか?

被災直後の館山市・国分地区

2019年9月、房総半島を台風15号が襲いました。

大規模停電となり、館山に住む両親とは3日間ほど連絡が取れなくなりました。

状況が把握できず、大量の食料品などを買い込んで都内からレンタカーで自宅まで向かいました。

近所の家、見慣れた街並みがメチャクチャになっていました。そこら中、屋根瓦が吹っ飛んでブルーシートをかけている家だらけで、日が沈むと街は完全な闇に覆われてしまいました。暴風でガラスが破れて営業再開できなくなっている商店や、ついてない信号、根元から折れ曲がった電柱。

改めて自然の怖さも痛感しました。

幸い両親は無事でしたが、我が家はサンルームが吹っ飛んでなくなり、バルコニーがよじれて使えなくなり、私の軽自動車のドアミラーは吹っ飛んできた何かによってもぎ取られて地面に落ちていたそうです。

知人・友人の自宅で浸水したところがたくさんありました。

浸水した家の中はとてもカビ臭かったようで、親しい友人が「家が臭い、もう帰りたくない」と言っていました。電気復旧が遅かったエリアに住んでいたため、お風呂に入ることもできなかったようで、近隣の宿泊施設が無料開放していた日帰り入浴に通っていました。

残暑の厳しい9月でした。

私の友人たち、町の人たちは、めげずにボロボロの自宅から仕事に通い、日常生活を続けました。

被災直後の館山市・布良﨑神社

被災1週間後の館山市・布良地区

商店や旅館などで損壊・浸水したところも多く、営業停止が続いたり、立て替えのため休業としたり、一時的に収入がなくなった知人もいました。

それでも少しずつ、少しずつ皆日常を取り戻して、笑顔が戻るようになったのですが…

2020年はじめから、世界的に新型コロナウイルス感染症が拡大しました。

現在もこの感染症と人類の戦いは続いています。

館山市を含む南房総エリアでも、再び困難の時期となってしまいました。

特に飲食・旅館・サービス業など、観光が重要な産業である南房総地域では、客足が遠のき厳しい状況にある事業者も増えています。

台風の被害から復興しつつあり、ようやく日常が取り戻せてきた矢先に、未曾有の感染症の蔓延。

南房総の人たちはよく耐えています。

ひっそりとみんなで支え合ってこの試練に耐え、過ぎ去るのを待っているのです。

全国の他の地域の人たちと同じように。

彼らを、音楽の力で元気づけたい。日常を忘れたひとときを楽しんでもらいたい。

そんな思いでこのチャリティーコンサートを開きます。

素敵なイベントにするために、どうか皆様のお力を貸していただけないでしょうか。
2019年台風15号、そして今ー

台風15号被災状況(死者は災害関連死含む)

ー千葉県防災危機管理部 令和3年1月21日発表分よりー

【館山市】

死者2人、軽傷者1人、

住宅全壊100棟、住宅半壊1617棟、住宅一部損壊4867棟

タイトルとURLをコピーしました