珈琲美学〜43年の歴史を繋ぐライブハウス再生プロジェクト

珈琲美学〜43年の歴史を繋ぐライブハウス再生プロジェクト
現在休業中の目黒区学芸大学駅側にあるライブハウス「珈琲美学」は43年間ご夫婦で経営してきたお店。しかし4月にマスターが倒れ、今後ママは以前のように夫婦でお店をやっていけない状況が突然やってきました。コロナ禍でも必死に守って来たお店…”ここでやめたくない!”というママの気持ちに火がつきました!

ヴォーカリストのギラ・ジルカです。

この度「珈琲美学」のママ、原美枝子さんに了解をいただき、
休業中のお店の9月再開に向けた緊急支援を集うプロジェクトを企画いたしました。
今、苦しい状況のライブハウスは皆んなで守らないと厳しい時代です。
どうか多くの方に応援をいただける事を心から願っております。
ママの今の心境、音楽の表現の場を守りたい気持ち…
どうか最後までお読みいただけたら幸いです。
◆ 珈琲美学〜1978年にオープン。
2021年6月13日が 43周年の記念日になるはずでした。

目黒区、東急東横線学芸大学駅から徒歩すぐにあります
ライブハウス〜珈琲美学。

ママの原美枝子さん、マスターは”てっちゃん”と呼ばれご夫婦でお店を経営。

1978年に喫茶をスタート。
当初はクラシックをゆったり聞きながら過ごしていただくお店でした。

その後、JAZZやジャンルを問わない生の演奏を届けるライブハウスに。

コロナ禍の2020年夏からライブ配信もスタート!
今は照明も素敵に、PAと配信は専門スタッフが担当。
コロナに負けないライブハウスになりました。
ここまで作り上げて来た音楽の表現の場所を無くすわけにはいきません!

*ライブの配信アーカイブをぜひご覧ください!
*そしてチャンネル登録もぜひ!珈琲美学YouTubeチャンネル!

休業前日5月13日のSOLO-DUOライブ
◆ 2021年4月21日〜てっちゃんが倒れる。

最愛のご主人が脳出血で倒れそのまま病院へ。現在入院中です。
コロナ禍で、現在も一度も入院中のてっちゃんに会えていないママは
43周年を迎える前に…

5月14日から一旦休業を決断。これからどうしたらいいのか?

ママは一度立ち止まって考える事にしました。
正直、店の事よりてっちゃんの事で頭はいっぱいでした。
決まっていたライブを全てキャンセルし、今後の事を考え出しました。
!結論は〜”てっちゃんと作ったこの店を今やめたくない!”でした。

音楽が大好きで人と楽しい時間を過ごすのが大好きなご夫婦。
コロナ禍でも店はなんとか続け、コロナ禍でも音楽を提供できるよう
配信設備も導入し、2人で特にこの一年は頑張ってきました。
でも2人でやってきたお店…これからママ1人ではやっていけない…

思い出がいっぱいの「珈琲美学」を続けたいと決心をして間もなく
”ママのため、店のため協力します!43年続けて来た店を簡単に閉店させられない!
音楽文化を守りたい!ライブハウスが一軒でも閉店するのは放って置けない!”

そんな思いを抱きながら集まってきてくれた同業者の方々がいました。
今回その方々のご縁とお力で店を再開できるチャンスが巡ってきました!

ならば!まずはお店を片付け、思い出の整理をする事にしました。
ボランティアで手伝いに来てくださった方々もいました。感謝です♡
てっちゃんが入院している病院にはコロナで面会ができない毎日を、
涙こらえながら今後の事を思ってママは毎日店に来てヘルプの皆さんと
片付け。処分するものキープするものを整理しました。
ママは毎日片付け〜かなり煮詰まってましたちょっとづつスッキリ荷物を整理。出す準備ができました!
◆ ここから「珈琲美学43年〜再生プロジェクト」がスタート!

「珈琲美学」の43周年を”再生の年”にする道筋が見えました。
そして店の歴史を次のEPISODEに繋いでくれるスタッフ、
そしてライブハウス経営のサポートを得る見通しが立ちました! 
嬉しい事に、このご縁に巡り会えた事で閉店は逃れ

タイトルとURLをコピーしました