次世代の挑戦者を育むプロジェクト。とちぎで挑戦を生み出し続ける。

次世代の挑戦者を育むプロジェクト。とちぎで挑戦を生み出し続ける。
挑戦したい気持ちはあっても一緒に挑戦する仲間がいない、金銭面の問題で挑戦できないといった人たちに対して、仲間や協力者を見つける場を提供し、アイデアの実現に向けて共に歩むプロジェクトです。

はじめまして!

私たちは栃木県をフィールドに活動するNPO法人

『とちぎユースサポーターズネットワーク』です。

2008年に当団体を立ち上げ、2010年に法人化をし、これまで「若者の力を活かし、地域の課題解決/活性化を加速させる」ことを目的に県内の教育機関や行政、地域作りに関わる様々な人々と一緒に、若者の活躍機会の拡大に向けて挑戦を続けて参りました。

私たちが行う事業は多岐に渡ります。

現在まで

「若者×地域=ソーシャルグッド」をテーマに若者と栃木の魅力的なヒト・コト・モノ・シゴトをつないでいく、県内唯一の総合地域メディアである【あしかもメディア】の発信や

地域の拠点として人と繋がる、お寺が作ったコワーキングスペース【aret】の管理運営、

「あなたの暮らしにローカルを10%プラスする」をコンセプトに都市部にいながら地方との関わり方を作るプログラムやコミュニティ作りを行うプロジェクト【はじまりのローカル コンパス】の開催、

宇都宮大学と共同で、地域社会に貢献する若き” とちぎの志士”の育成やその人的ネットワーク、経営の在り方を学ぶ【宇大未来塾】の実施など

他にも多くの事業やプロジェクトに携わっています。

詳しくはこちら!

今回は、その中でも私たちのメイン事業のひとつである【iDEA→NEXT (アイデアネクスト )】を成功させるため、クラウドファンディングに挑戦をしています。

このクラウドファンディングは、挑戦者のアイデアを実現させるための金銭的な支援をしていただきたいということだけが目的なのではありません。

このプロジェクトとの出会いをきっかけとして、私たちと共に挑戦者を支援する新たな【仲間】となっていただける方を募りたいのです。

iDEA→NEXTとは、「地域の困りごとを解決したい」「地元をもっと盛り上げたい」といった栃木の未来に繋がるアイデアを持った若者を、5か月間にわたって育む伴走型スタートアッププログラムです。

学生から社会人を含む、アイデアや意欲を持った若者と課題解決を目指す地域の組織・企業との繋がりの輪を広げ、若者の力で地域の課題解決をしていくために活動しています。

このプログラムは、「社会に新しい価値(アイデア)を提供できる若者を数多く輩出し、地域の困りごとの解決や社会を良くする活動に取り組むことで、栃木を、日本で一番ワクワクするアイデアや人材に溢れる元気な地域に創りあげたい」という想いから2012年に始まりました。

これまで59組もの若き挑戦者を輩出しており、発酵食品の製造販売を行う会社「株式会社アグクル」の開業をした小泉泰英氏や、大田原市で空き家を活用し、高齢者と若者をつなぐ「一般社団法人えんがお」を設立した濱野将行氏など、その他の卒業生も栃木県各地で活躍しています。

そして今回、9回目の開催となる【iDEA→NEXT2021】でも、二次審査を突破した9組のファイナリストたちがアイデアの実現に向けて日々邁進しています。

私たちがiDEA→NEXTを行うことで目指すものは「挑戦が循環する社会」の実現です。

自分の想いを込めたアイデアを実現するという挑戦の中で、
協力者や仲間と共に仮説検証を進めていく挑戦者たち。
その挑戦の過程を見ている周りの人たちが、挑戦者の挑戦に触発されて新たな挑戦者となる。
また、プログラムを卒業した卒業生たちは各自自走しつつ、iDEA→NEXTで挑戦をする後輩たちの支援者となり支えていく。
そんな社会をiDEA→NEXTで目指しています。

現在、社会

タイトルとURLをコピーしました