みんなで作る!日本の英語圏プロジェクト

みんなで作る!日本の英語圏プロジェクト
【NEXT GOAL 挑戦中!!!】「24時間365日!好きなときに好きなだけ、英語でコミュニケーションできる場所」をつくり、日本に居ながら継続的に長時間大量の英語のシャワーを浴びることができる理想的な環境を応援していただく皆さんと一緒に作り上げる日本英語圏プロジェクトです!

はじめまして、バイリンガルベイビーのアイシャとタカヒロです。 数年前、ネイティブが日常的に使う「生きた英会話」を日本中に届けたい!という想いからYouTube英会話チャンネル「バイリンガルベイビー」はスタートしました。お陰様で、今では35万を超えるチャンネル登録を頂けるまでになりました。そんな私たちですがチャンネル開設当初から変わらぬ想いがあります。それは「日本のバイリンガル教育の発展に貢献したい」という想いです。

私たちが考えるバイリンガル教育とは、単に英語が使えるというものではありません。言語の壁を乗り越えた先にある異文化との習慣や常識、価値観の違いを理解し、自身のアイデンティティの確立と多様性を受け入れる勇気と寛容を身につけた国際感覚を養うことが令和時代の教育には必要だと考えています。

ただ、そういった異文化に触れる機会は、まだまだ日本には少ないと感じます。また、日本に居ながら「英語を話す」能力を身に付け、維持することはとても困難だと実感します。それと同時に、国際夫婦の私たちも日本でのバイリンガル子育ての難しさを身をもって経験しています。そんな私たちだからこそ発信できることがある、日頃からバイリンガルで異文化が共存する国際ファミリーだからこそ貢献できる事があると考え、少しでも日本のバイリンガル教育の発展に貢献できればと活動を続けてきました。

現在、日本の英語学習者の多くが「英語を話す」能力を身に付けたいと努力しています。ただ、英語を話せるようになるには長い時間大量に英語を話せる環境に身を投じる必要があります。今の日本でそれを実現しようとすれば経済的にも精神的にも敷居が高いと感じていました。

またそれと同時に、私たちの原体験から「言語の壁」を乗り越えた先には「文化の壁」があると考えています。過去に、タカヒロがプロジェクト責任者として海外チームと事業を進めたときのことです。1番苦しめたのは言語の違いではなく、文化の違いからくる認識のズレでした。アイシャもアメリカから日本に来て、日本企業の中で働くなかで同様の苦い経験をしています。また、私たち夫婦の間でも文化の違いからくるズレで喧嘩になることが度々あります。そのような2人の経験から言語の次には国際感覚を学ぶ必要性を強く感じています。そして、日本に居ながら国際感覚を学ぶためには、世界で最も使われている言語、かつ、インターネットで最も使われている言語である「英語」を活用し、世界中の人やモノ、情報や文化に触れる機会を増やすことがベストプラクティスだと考えました。

その想いを実現させる第1歩として、YouTube英会話チャンネル「バイリンガルベイビー」はスタートしました。その後、英語習得の “土台作り”「自分で考え、恥ずかしがらずに伝えきる力」を育てる子供との接し方をテーマとしたバイリンガル絵本「My Moon, Your Moon」の自費出版や私たちの活動や想いを共有し共に実現できる場としてオンラインサロン「BBクラブハウス」の運営へと活動範囲を広げ、2020年6月、非ネイティブメンバーがお互い助け合いながら英会話の習得を目指すコミュニティ「英語ステーション(旧BB英語村)」が誕生しました。

2021年4月時点で300名以上のメンバーが参加し、これまでメンバー主催の英語イベントが数多く開催されてきました。2021年2月には目標にしていた毎日、英語イベント開催を実現しました!2021年3月には24時間英話漬けイベントとして「(たぶん)日本初!24時間英語マラソン」を開催。計4名が見事、24

タイトルとURLをコピーしました