肩の負担軽減!ショルダーベルトクッションの進化版「Dr.relief2.0」!

肩の負担軽減!ショルダーベルトクッションの進化版「Dr.relief2.0」!

「Dr.relief2.0」ショルダーベルトクッションは、ほとんどのショルダーバッグやバックパックなどに利用できる、

肩の負担を軽減できるエアクッションです。18個のエアセルより形成され、中に空気が行きわたることで、

体の形にフィットし、体を優しく包みます。エアクッションの間に隙間があるため通気性が良く、真夏でも蒸れません。

・いつも重たい機材を持つカメラマン

・たくさんデバイスや書類をもって通勤するサラリーマン

・子育てや買い物で体の負担が大きいお母さま

是非お勧めしたいです!

学生のランドセル、リュック、サラリーマンのバッグ、カメラマンのカメラ機材。。。

我々はいろんな場面で、重い荷物で肩から体全体に負荷をかける時間を過ごします。

あなたの体の負荷をできる限り軽減できますよう、「Dr.relief肩パッドクッション」が開発されました。

初代と違う点

今回の2.0ですが初代より改良されたポイントは、

1、空気入れる部分が小さくなった!

  1.0では空気注ぎ口が長く外に大きく出っ張り、肩にあたり気持ちよさが低減との声もありました。

  今回の2.0はでっぱり部分を最小限に抑え、その長さがわずか5㎜!さらにゴムの蓋がついていて、当たる不快感を感じられないのでしょう。

2、空気が入れやすくなった!

  1.0では空気入れを中部の中の白いパーツを押し込みながら空気を入れる必要があり、腕に疲れを感じるかもしれません。

  2.0はチューブを注ぎ口につなげば、あとは空気を入れていくだけですので、だいぶ楽になるのでしょう。

3、ふわふわ感増加!

  前回の3列を廃止し、2列にすることで、1個のエアセルの大きさを倍増しました。違いは一目瞭然!ふくらみも大きく、肩の気持ち良さも断然UP!

重い荷物は、子供から大人まで幅広い年齢層に影響を与えています。

知らぬ知らぬうちに、体にも精神的にも負担が大きくなっていくことがあります。

カメラマンは撮影に出かけるとき、重い荷物を持ち歩くことをよく聞きます。

特に複数の交換レンズなど重い部品をショルダータイプのカメラバッグを使い荷物を背負い長時間移動したり、無理な姿勢でさつえいしたりすることが多い方は、よく肩を痛めると聞きます。さらに無理な体制で撮影を続けてしまい、結果ぎっくり腰まで展開してしまうこともあります。

日頃安心して撮影できるようにするにも、ぜひDr.reliefのベルトクッションをお勧めします。

スマホ、充電器、ノートパソコン、会議の資料、商品のサンプル、

たくさんのものをもって日々通勤されているサラリーマンの方とOLの方、結構多いのではないでしょうか?

実は荷物が重いと体に悪影響があるだけでなく、ストレスも増えるそうです。

ある調査によると、通勤時間で荷物が重いとイライラしてしまうのが8割以上のようです。

心も体もゆとりを持てますよう、荷物のストレスから解放しましょう!

お母さんは妊娠の時から体の負担が大きく、出産後四六時中赤ちゃんを面倒見ながら家事や買い物をこなし、

出産前以上に体の負担がかかってしまいます。

抱っこ紐にDr.reliefのベルトクッションを入れれば、きっともっと楽な日常を過ごせるのでしょう。

2017年11月から2018年5月にかけて、都内の小学1~6年生計91人のランドセルの重さを、ある大学が調査を行いました。

結果、全学年平均は5.7キロで、最も重いものは11キロを超えていたという結果がでました。できる限りその負担

タイトルとURLをコピーしました