ハリーポッター特殊メイクの遠藤慎也と黄色りぼん自殺予防アートフェスを開催したい

ハリーポッター特殊メイクの遠藤慎也と黄色りぼん自殺予防アートフェスを開催したい
コロナで経済や家庭問題が深刻化し、女性や子どもの自殺が増え、予断を許さない状況にあります。自殺予防はイベントのテーマになりにくく、なかなか啓発が進まない分野であります。コロナでも対策をしながら、魅力的なアートイベントで自殺予防啓発をし、命をテーマにしたアートに触れ、参加してもらい、啓発の輪を広げたい

はじめに・ご挨拶

 黄色りぼん(Reborn)寄り添い協会 代表の速水ユウと申します。元々看護職ですが若いときから女性や社会的弱者の問題に関心を持ってきました。保健師として役所の介護保険課で働いていた時に、訪問をしながら嫁の介護負担や職場の女性のお茶くみの問題に直面し、渡米して女性学を学びました。女性のみならず、様々な要因で不利な状況におかれやすい人の状況を改善するための勉強をしてきました。非正規雇用の女性の労働問題に関心を持ち、派遣社員女性のインタビューや研究をし、『派遣OLにパワーをもたらす30の鉄則』という本を自費出版したこともあります。大学の地域・老年看護助教を経て、今はfmGIG西宮のラジオで『認知症介護ラプソディ』という番組パーソナリティをし、認知症のみならず広く社会問題を扱うラジオ番組を運営したり、同タイトルの認知症の祖母についての本を書いています。ラジオでは、毎年3月の自殺対策強化月間に自殺予防相談員等のゲストをお招きし、啓発に力を入れています。

コロナ禍で女性の自殺が著しく増えている・・

女性や子どもの自殺がどんどん増えている日本社会は異常事態!哀しすぎる!

女性の自殺には非正規雇用が多いことが原因の1つと考えられています!派遣社員女性のこともこれまで取組んできたのに、何かできないかな…

そう思っていたときに、ラジオでアメリカで自殺相談ダイヤルの番号がタイトルになっている歌があり、それが功を奏していることを知り、私もやってみようと思いました。

年増のおばさんの無茶な挑戦がはじまりました!

幼少期にエレクトーンを習っていたとはいえ、ほぼ初めての作詞作曲!

それでも私の思いに共鳴し、一緒に揺れてくれるメンバーが少しずつ増え…

歌に感動して力を貸してくれる人も現れました…

WHOやIASP(世界自殺予防協会)の黄色りぼんも日本には全然普及していない…

そのことに気づき、黄色りぼんも障がい者の作業所や高齢者のデイサービスなどで製作するように依頼しました。

皆さん、喜んで心を込めて作ってくださいました!

できた黄色りぼんを配ってくれるメンバーも全国にどんどん増えていっています。

今コロナ禍で誰しも、鬱々としやすいご時世です。少しでも、周りの人の変化に気づき、寄り添う気運を高め、自殺を予防していきたいんです。

  黄色りぼん(Reborn)寄り添い協会のRebornは、りぼんとRebornをかけており、コロナ禍でイベントやお店がやっていない、お金がないなど、逢えないなどないことが多い中でも、何かを生み出していこうとする協会のコンセプトを込めています。

このプロジェクトで実現したいこと

 自殺予防というテーマは暗い印象がつきまとい…

イベントのテーマになりにくく、啓発が進みにくい分野と言われています。

自殺予防がテーマのイベントなんて誰も寄り付かないし、イベントとして成り立たないだろう!

そんな固定観念を払拭したく…方法がないかと模索していた時に…

ハリーポッターの特殊メイク等でご活躍の遠藤慎也さんが協力しようと手を挙げてくださいました!

遠藤慎也さんの力をお借りし、魅力的なアートに力を活かしたイベント:

「黄色りぼんアートフェス~いのち煌めいて」

を開催したい!!

イベント内では、紆余曲折を経て大成されているハリーポッターの特殊メイク等でご活躍の遠藤慎也さんによる命や心のことをテーマにした講演!また、遠藤さんによる『心が煌めくメイクショー』や学生たちとともに個別メイクのコーナーも設けます!

タイトルとURLをコピーしました