棺で眠りたい!インテリアとしても使える!使い方はあなた次第で無限大の棺家具

棺で眠りたい!インテリアとしても使える!使い方はあなた次第で無限大の棺家具
夢と願望が叶えられる棺型家具を企画しました!大田区代表ゴシックデザイナー後藤ききと、工業の町大田区から、技術の詰まった棺型家具を発信したい!カスタマイズオーダーで自分だけの棺が作れます★日常でも使える棺家具で、お家時間が多いこの時期のライフスタイルにワクワクをお届けいたします。

憧れた人物や、なりたい人物は居ますか?

大田区からこんにちは!ゴシックデザイナー後藤ききです★

憧れの人物。
その人物のファッションを真似したり、ミュージシャンだったならライヴに行ってみたり、その人物に近くなった様なワクワク感や、曲を聞いてテンションが上がったりしますよね?

そんな憧れの人物、、なれるならその人になりたい!

私の場合それは、ヴァンパイアとゾンビでした。

誰もが一度は物語の人物に憧れた事はあったと思うのです。

ヴァンパイアは耽美で繊細で儚いイメージですが、ゾンビはワイルドでちょっとバカっぽいw
対極なキャラクターですが、不死身であって棺に眠っている(ゾンビは墓の下と言った方が正解ですが)共通点があります。

幼いころにゾンビ映画を観て、夜一人でトイレに行けない程怖かったけど、、モノクロの映画に映る夜の墓地で蘇るゾンビ達と洋式の墓石の形。

そして、中世の衣装を着て、棺に眠る色白で華奢なヴァンパイア。

なんてカッコイイんだろう!と衝撃的でした!

自分もどちらかになれるならなりたい!大人になったら棺で眠りたい!

そう思っていましたが、現実はなかなか難しい物。。

まず、海外から棺を取り寄せるにも一苦労、輸送費だけで棺より掛かっちゃうんじゃない?!と。。
日本では勿論そんな棺は作られて販売はしていません。

カッコイイ!ワクワク!なりたい自分になりたい!理想の生活を送ってみたい!きっと私以外にも同じ気持ちの人は居るはず!

そんな想いをを実現させるべく、日本で、そして、私の活動の元である『工業の町大田区』からMade In OTA棺を作って販売しよう!と誓ったのです。

棺と言えば、葬儀業者だろうか。。

まずは葬儀業者を調べて、提携している棺桶の業者をさんへ問い合わせました。

すると、、

「日本の葬儀にはシキタリがあるから、そんなことしたら業界から叩かれて仕事なくなっちゃうよ~」

と言う回答でした。

確かに、業者さんが困ってしまってはいけない、でもシキタリって何なんだ?

『The!棺桶』としての棺は作れないのね~
では、家具だったらどうなんだろう?

そこで近所の大工さんに家具が作れる大田区の工場を紹介頂き、作る事に成功したのです!

最初は「え?棺?何で?」と言う反応でしたが、熱い思いをしっかり会ってお伝えしたら「やってみよう!」と、直ぐにお返事を頂けました!

私の夢の棺を引き受けて頂けたのが 大田区東六郷に在る有限会社由真建商さん。

店舗の内装建具や家具を製作の工場さんです。
DIYが好きな私はこれだけでもテンションが上がります~

工場さんと沢山打ち合わせをしながら棺が完成!

装飾のクロスも木製で作ってもらいました。
カーブや溝を均等に入れるには専務にしか出来ない職人技なんです!

ベースとなる棺が完成!

これだけでも十分カッコイイ★し、クローゼットとしても使えそうなので、家具としては完成ですが、、私が作りたいのは眠れる棺家具!中には眠れるようなクッションを入れたいので、今度はクッション素材を扱っている工場へ。

大田区のウレタン素材を扱う工場株式会社ダイニチさんへ!

こちらもまたまた「え?これで寝たいの?!」と言う感じからのスタートでしたが、熱い気持ちを語ったら「それならこれが良いかな~、この素材はね~」と、ウレタンに関する専門的な目線から色々チョイスして頂きました。

こうして、デザイナーから製造、材料と全て大田区で作った大田区産の『技術の詰まった眠れる棺家具 』が完成したのです!

タイトルとURLをコピーしました