インディペンデント映画「復活」DVD化プロジェクト

インディペンデント映画「復活」DVD化プロジェクト
WW2末期を時代背景に、池袋モンパルナスの世界と天才戦没画家靉光の半生をモチーフに制作された自主制作映画「復活」。この映画をインディペンデント上映のみでなく、より多くの方々に観ていただくために、DVD化するプロジェクトです。

はじめに・ご挨拶

本プロジェクトを企図しました渡邉聡司です。

書籍編集デザイナー、映像を含むビジュアル総合製作をやっておりますが、この人生での一番の私の使命は、この時代の本質的な精神が自分に求める映像を残すことだと思っています。

今回は、2015年に自主製作で完成させた初の脚本監督長編映画「復活」をDVD化し、より多くの人に届けたいと思い、それをよりニーズに応じた状態で製作するとともに、より大きな広告効果も考慮し、こちらのクラウドファンディングを選択いたしました。

ご協力よろしくお願い申し上げます。

■映画「復活」について (80分/カラー/16:9フルハイビジョン・ムービー)

「復活」は今日、日本のシュルレアリズム絵画等、特異な画風で知られる靉光(あいみつ・本名=石村日郎)の半生をモデルとして描いた伝記的フィクション・ドラマ。戦時昭和の暗雲が垂れこめる中、東京・池袋周辺に展開していた「池袋モンパルナス」という芸術家たちのコミューンの中で、画家や芸術家たちがどう生きたかを靉光を中心として描くことによって、その群像全体を現在の私たちに重ねあわせ、危機的な時代を生きる心の糧にしようとするものである。

映画は2012年夏にクランクインし、2015年夏に完成。以後都内での自主企画上映を開始し、2016年には東京都豊島区で毎年開催されるアートイベント「第11回新池袋モンパルナス西口まちかど回遊美術館」プログラム及び豊島区池袋中央図書館での「平成28年度地域研究ゼミナール・池袋モンパルナス~芸術家たちが生きた街」での招待上映を経、海外ではドイツ・ハンブルクでの「第17回ハンブルク日本映画祭」でも上映された。

■イメージ・キャスト

西村光郎(30歳・画家:モデル/靉光=本名 石村日郎)…大橋正英
西村チエ(29歳・画家の妻:モデル/靉光の妻=本名 石村キエ)…逢澤澄世

神田正明(25歳・画家:モデル/画家 寺田政明)…三村正志
石田 実(25歳・学徒出陣した美術学生)…吉村康宏
小熊秀雄(34歳・実在の詩人)…リ・コウジ
長谷部利重(37歳・画家:モデル/長谷川利行)…山城秀之
尾崎 翠(30歳・実在の女流小説家)…小叉ぴろこ

脚本・監督・プロデュース … 渡邉 聡
撮影監督・編集 … 国立隆吾
音楽監督・音楽 ……………… 手塚 理
照明 ……………… 上木 實 相築正人

■ストーリー

舞台は昭和、1930~40年代の東京・池袋。当時周辺は「池袋モンパルナス」と呼ばれ、貸しアトリエの集落が林立し、さまざまな芸術家、文化人たちがたむろす町であった。

広島から単身上京した西村光郎は、貧乏ではあるが天才的な画力を持つ新進気鋭の若手画家。結婚して生活の安定は得たものの、同時にいかにして自分の絵を極めるかというスランプに陥ってもいた。

仲間や妻・チエの支えを得てようやく納得のいく絵を描き上げ、美術展覧会で受賞もするに至るが、戦時の風雲は急を告げ、周囲の仲間たちも軍部から弾圧され始める。

自分の描きたい絵と時代の要請する絵の板挟みとなりつつも、必死で自分の信じる絵を描き継ぐ西村のもとにも、遂に召集令状がやってくる。

中国大陸に送られ、戦線を転々とする西村は、戦地にあっても絵を描き続けようとするが、そこは余りにも過酷な戦場だった。

やがて1945年夏、日本は敗戦を迎えるが…。
このプロジェクトで実現したいこと

より多くのご縁のある方々に「復活」を通じ、池袋モンパルナスの存在、靉光という画家の生き様を伝えること。このプ

タイトルとURLをコピーしました