キッチントレーラー喫茶&ショップを大三島に作りたい!

キッチントレーラー喫茶&ショップを大三島に作りたい!
スペインはバルセロナ発のサングラスブランドWilde sunglasses(WSS)が手掛ける”喫茶インディゴ”。深煎珈琲&スパイスカリーをメインに、瀬戸内海に浮かぶ愛媛県大三島の自然の中で展開していく、移動式喫茶&ショッププロジェクト。皆様が癒され、心から安らげる場所を作りたい。

◆はじめに・ご挨拶

初めまして!当ページをご覧頂き、ありがとうございます。私はWilde sunglassesオーナーのTeppei Wこと、菊川鉄平(キクガワテッペイ)と申します。愛媛県今治市で生まれ育ちました。

外国語大学卒業後、少しの資金を手元に2006年スペインのバルセロナに移住しました。元々洋服が好きで、当初バルセロナでは知人の紹介もあり旧市街にある古着屋で働き始めました。毎日接客をする中である日、運命的な出会いがありました。後にその方と自分達のお店をバルセロナで立ち上げることになるとは…。

そして2008年、イギリス人の友人カオと共にWilde sunglasses(WSS)というお店をオープンしました。

WSSバルセロナ店

偶然にも、私も相棒のカオも熱心なヴィンテージサングラスのコレクターであり、20年以上に渡りヨーロッパを中心に世界中から未使用のヴィンテージアイウェアーをコレクションしていました。

スペイン初の”ヴィンテージ眼鏡と自分達がデザインするハンドメイドサングラスに特化した店”ということで雑誌•メディアから注目されました。事業を軌道に乗せた後、10年間過ごしたバルセロナから、2016年母国日本に完全帰国。

その後、広島にて一年、大阪で三年間WSSの旗艦店を経営する中で感じたことがありました。10年振りの日本はネットショッピングが主流になってきており店舗にあまり人が来ない時代になっていました。そこで、店舗に頼らず自らが各地に出向き、アイウェアーの楽しさを直接お客様に伝える為に、トランクショーや期間限定ストアー開催をメインにした”旅する眼鏡屋”を開始。

店舗という箱の中で待つのみではなく、出会いたい人には自ら会いに行くをモットーとしています!

以来、日本全国ご縁のある場所に出没しています。2021年現在、バルセロナ•マドリード•日本(愛媛)に拠点を構え活動しています。

◆お店が作られた背景

旅する眼鏡屋として動く時、相棒の4WDは地元愛媛の実家の車庫に置いてあるので、今治に帰郷する機会が自然と増えていきました。そこで必ず通るルートがしまなみ海道。幼少期より当たり前だった瀬戸内の島々の風景が、自分の中で世界に誇れる特別なものへと変わるまで時間はかかりませんでした。

社会人になってからもずっと、地元に住み続けていたら気付けなかった感覚かもしれません。そして、いつか必ず愛媛に帰ってこようと心に決めました。

丁度その頃、WSS大阪店の一階には珈琲豆の焙煎所がありました。そのお店のマスターには店舗物件を紹介して頂いたご縁と、自分と髭の生え方がよく似ていたこともあり仲良くなりました。

大阪にいた三年間はほぼ毎日彼のお店に通うことで珈琲のいろはを教わりました。そして、”一杯の珈琲”を通して生まれる会話(コミュニケーション)とサングラスの事業を融合できるような移動式喫茶&ショップを、近い将来故郷で持つことが目標となりました。

同時に日本に帰国してから出会った多くの方々に、瀬戸内の島々の美しさをもっと知って頂き、その自然の中で美味しい珈琲を味わっていただきたいという思いを強く抱くようになりました。

しまなみ海道の島々の中で特に私が魅了されたのは、今治沖に浮かぶ島大三島(おおみしま)でした。

プライベートで何度も足を運び、その度に島を探検しては景色を楽しみ、お気に入りの浜辺で珈琲を淹れ飲んだりもしていました。

この日は強風。難しかった、、汗

大三島以外でも、

家族や友人を招いてドリップ♪

このような素晴らしい景色を

みなさんとシェアしたい、、!

島を訪れる方はもちろん、島の皆様にも、海のそばで香り高い挽きたての珈琲を飲んでもらったら、忘れられない心安らぐ時間になるのではないかと直感しました。そして2020年6月、遂にこの思いを実現させる為、愛媛に活動拠点を移しました。

◆私たちの商品・お店のこだわり

なぜ、移動喫茶&ショップという形を選んだか。その理由は、第一に移動可能なキッチントレーラーであれば島の様々なポイントにて、私達がハンドドリップで淹れる珈琲と絶景を、同時に皆様に楽しんで頂けるからです。

そして第二にwith-afterコロナ時代において、密にならない自然の中でみんなが癒される、本当に心休まる場所を作りたかったからです。

風光明媚な大三島は愛媛県の最北に位置し、太古より”神の島”と呼ばれてきました。美しい海や山に加えて、島内には国の重要文化財である大山祇神社、建築家•伊東豊雄氏の建築ミュージアム、その他多数の美術館、海洋温泉施設、キャンプ場等がございます。

訪れた皆様には、私達の珈琲と共に、この素晴らしい大三島を存分に体感して頂きたいと考えております。

タイトルとURLをコピーしました