地域リーガーのドイツ挑戦にご協力お願いします!

地域リーガーのドイツ挑戦にご協力お願いします!
私にはこんな目標があります。「25歳までにJ2以上のクラブでプレーすること」今の成長スピードではおそらく到達できない、この目標を達成するためにドイツへ渡ることを決めました。

はじめに・ご挨拶

初めまして!

現在、東北社会人1部リーグ(J5相当)のFCガンジュ岩手でプレーしている伊澤圭太と申します。1998年4月生まれの23歳です。

昨年までは学習院大学サッカー部(東京都1部リーグ)に所属していました。

簡単に経歴を載せておきます。
経歴

花園SC 2004〜2010

FCラルクヴェール千葉 2011〜2013

・千葉県1部リーグ2連覇

・全国大会ベスト32

八千代高校 2014〜2016

学習院大学 2017〜2020

・東京都選抜 (2018)

FCガンジュ岩手 2021〜
プロジェクトをやろうと思った理由

私には目標があります。「25歳までにJ2以上のクラブでプレーすること」です。これは最終目標ではなく通過点ですが、それ以上先のことは考えてもわからないので思い描けるギリギリの3年後をひとまずゴールとしています。

そして目標達成のためには、環境を変える必要があると感じドイツへ渡ることを決めました。初めはドイツ6部のチームに練習参加し、そこから実力に応じて5部〜7部のチームで契約することになります。

現在、サッカー給はもらっていないので午前中は練習して午後はアルバイトという生活をしております。そのため、ドイツ挑戦にあたり資金面がネックになっています。

ここからサッカーに対する想い、自分の考えを綴ります。面白そうだな、応援したいなと思っていただける方はご支援お願い致します。

直近の出来事だけでは想いを伝えきれないので、1年半前、私が大学3年生だったときから振り返らせてください。お付き合いいただけると幸いです。

それ以前のことに興味を持ってくださる方は、下記のリンクからYouTubeまたはnoteを見ていただけると詳しく説明している動画、ブログがあります。

↓↓YouTube↓↓

↓↓note↓↓

後先考えちゃダメ|イザエスタ|note
※2020年7月に書いたブログです ブログを始めた理由は大きく分けて2つあります。 1つ目は、ヴィッセル神戸所属の菊池流帆選手のnoteを見て感動したから。こんな文章を自分も書きたいなって。話すよりは書くほうが得意なので、誰かの背中を押せるような文章を書けるんじゃないかって思ったから。 2つ目は、自分の挑戦をみんな...

是非、上記の方もよろしくお願い致します。

大学3年の11月。多くの人が進むべき道を考え、動き出す時期。あと1年と少し経てば、好きという理由だけではサッカーを続けられなくなる。そんな現実と向き合わなくてはならなくなった。

正直、自分のパフォーマンス、経歴、メンタリティーどれをとっても大卒1年目でプロになれるイメージは湧かなかった。

もちろん今はまだという話で、1、2年経験を積んで本気で取り組めば可能性はあると思っていた。こんなポジティブな考えを持つ一方で、サッカーを続けると決めたのはネガティヴな理由からだったと思う。サッカー以外にやりたいことがない。サッカーを辞めた自分には何も残らないんじゃないか。等々。

サッカー部の同期には、プロを目指す人はいなかった。みんな、就職、進学、留学など至極真っ当な人生を選び始めていた。

2020年3月、コロナウィルスが日本でも猛威を奮い始めた。そして、当然のように大学の部活動は停止、約4ヶ月練習できない日々が続いた。

いくつか予定されていた練習参加の話は全て延期になった。コンディションを保つために1人でトレーニングに励みながらも焦りや不安から心は沈んでいった。

そして時は流れ6月。同期が続々と就活を終える中、1人何も決まっていない。就活すれば良かったなと後悔する心を抑えつけ、自分にはサッカーがあると言い聞かせた。しかし、サッカーに依存すればするほどプレーは上手くいかなくなる。

9月から始まった

タイトルとURLをコピーしました