早期結婚・若年妊娠で未来をあきらめてしまう女性を一人でも減らしたい!

早期結婚・若年妊娠で未来をあきらめてしまう女性を一人でも減らしたい!
子ども達の薬物乱用、女子生徒の中途退学といった様々な社会課題を抱えるガーナ・セイチェレ村。農業×教育×ジェンダーを用いた『村おこし』で、セイチェレ村の住民が「さらに自分らしく」生きる機会を創出します!ジェンダー事業は、性教育によりセイチェレ村にある貧困の負の連鎖を解決し、10代の若年妊娠を減らします

はじめに

皆さんこんにちは!国際NGO ViVIDに興味をお持ちいただき、ありがとうございます。

ジェンダー事業を担当している佐々木と福田です。私たちは貧困問題及び貧困問題に起因する諸社会問題を「農業×教育×ジェンダー」で課題解決する団体です。

国際NGO ViVIDとは、「あらゆる人々を巻き込んだ地域コミュニティ開発でアフリカをより色鮮やかに!」をビジョンに掲げ、ガーナ共和国セイチェレ村をターゲットに、脆弱な立場の人々を含めた全てのコミュニティ住民の生活の質の向上を目指して、事業を展開しています。

当団体では、2021年5月より、農業×教育×ジェンダーの3分野からのアプローチによりぞれぞれの住民のより色鮮やかな生活の実現を目指す「村おこし」事業を開始しました。今回のクラウドファンディングでは「村おこし」事業の活動資金のうち、教育分野で必要な資金を集めさせていただきます。

今回ジェンダー事業で挑戦するのは、適切な性教育を行い、早期結婚・若年妊娠で未来を諦めてしまう女性を減らすことです!

【私たちが支援しているセイチェレ村とは?】

私たちが支援するコミュニティ「セイチェレ村」は、西アフリカ ガーナ共和国のアシャンティ州に位置します。人口は5,000人程で、人口の殆どが自給自足の農業で生計を立てています。セイチェレ村は人口に占める子供の割合が非常に高く(村の42.8%*の人口が0歳〜15歳未満)がおり、町中が活気に満ち溢れています。

セイチェレの様子は当団体のViVID公式Instagramをご覧ください!

[セイチェレ紹介動画はこちら!]

【どんな社会課題をセイチェレ村は抱えているの?】
セイチェレでは、十分な教育を受けられない結果、農業に従事する子どもやアルコールや薬物に手を染め、夜中に出歩く子どもがいるという問題を抱えています。

そして、適切な教育を受けられず、若年妊娠し、学校を退学しなければならず、結果的には非正規雇用や日雇い労働の選択肢しかなく、貧困に陥ってしまうという悪循環が見られます。

セイチェレ村で元気に過ごす学生たち

このプロジェクトで実現したいこと、それは未来ある女生徒のドロップアウトを防ぐこと
セイチェレでは、家族を養えず子どもが早期結婚に追い込まれたり、親の目の届かないところで望まない若年妊娠に追い込まれたりといった理由で、女生徒が学校をドロップアウト(中途退学)してしまうケースが少なくありません。

学校をドロップアウトした女生徒は、その後の就業機会も少なく、貧困のループから抜け出せない状況があります。また、貧困で女性が必要な生理用品が満足に買えない状況であることも、問題となっています。そこで、これらの課題を解決するために、二つのことを達成します。

事業1:自分たちで生理用布ナプキンを作成!〜お洒落な布ナプキンで学校にいけない女子生徒を救う~

 十分なお金が無く生理用ナプキンを定期的に購入することができない女子生徒の中には、生理の期間、学校に行かずに家にとどまらざるを得ない生徒がいます。つまり、そのような生徒達は1年の4分の1の期間、授業を受ける機会を逃してしまうこととなり、卒業がより困難な状況に陥ってしまいます。

本事業では、セイチェレ村のテイラー(仕立て屋)さんとの協働により、生理用布ナプキンをセイチェレ村の全女性に配布するとともに、コミュニティ内の女性・女子生徒はもちろん、彼女達の父・兄弟・夫・パートナー・友人や仲間である男性・男子生徒達にも布ナプキンの製作方法をレクチャーします。レ

タイトルとURLをコピーしました