【食×社会貢献】「奇跡の木」モリンガを日本に広めたい!

【食×社会貢献】「奇跡の木」モリンガを日本に広めたい!
欧米で次世代スーパーフードとして話題の「モリンガ」をご存知ですか?高栄養、日本人に親しみやすい抹茶のような味。そして環境にも優しい。途上国でのモリンガ生産量を増やして社会貢献もできるこの食材を日本の皆さまにぜひ試していただきたい!大学生によるソーシャルビジネスの挑戦です。

このプロジェクトでは、カンボジアをはじめとした発展途上国で育つ、「奇跡の木」モリンガの味とその製品作成工程を楽しむことができます。高栄養食材であるモリンガで皆さまの日々の健康をサポートしながらモリンガの生産量を増やすことで、途上国の農民の経済および栄養の状況改善に貢献します。

こんにちは、More-ing(モアイング)の本間有貴(ほんまあさき)です。このページをご覧いただき、ありがとうございます!
「若い人の命を持続可能に救う」ことをミッションに、約2年前にこのプロジェクトを立ち上げました。

これまで様々な方にご協力いただきながら、また同世代の強力なメンバーに支えられて、モリンガを使った製品の作製を行ってきましたが、まだまだ日本にはこのモリンガの魅力が広まっていない!と思い、活動にさらなるエンジンを乗せるべく、パワフルで大事なメンバーたちと一緒に今回クラウドファンディングに挑戦します!

このプロジェクトの背景にあるのが、途上国の栄養問題です。今世界では8億2000万人以上の方が栄養失調と言われています。東南アジア、南アジアをはじめとしたアジア地域にもこの問題は根深く、未だに解決しきれない大きな問題となっています。

また、日本では、人口の約7割が生活習慣病。「自分の身体は自分の食べたもので出来ている」という言葉があるように、これの予防には日頃の食生活が非常に大切です。しかし、多忙による食生活の乱れ、過度のダイエットにより栄養バランスに偏りが生じている現状があります。

この問題を解決するために、More-ing(モアイング)というプロジェクトが立ち上がりました。モアイングは、モリンガの生産量と消費量を増やすことで、現地の経済状況の改善から栄養状況の改善を目指します。

モリンガとは、亜熱帯以南の地域で育つ植物です。その高栄養価から、「奇跡の木」と言われているほど、今世界で注目を集めています。モリンガにはビタミンやミネラルをはじめとした栄養素がバランスよく、また一般食品と比べても高用量含まれています。モリンガ単一(1日摂取目安量:3g)でも幅広い栄養素を豊富に取れることから、「スーパーフード」と言われ、その価値は国連機関から子供の栄養状態改善に推奨されるほどです。また、栄養素だけではなく、多くのCO2を吸収することで環境問題にも寄与すると言われています。

肝心の味は、「濃ゆい抹茶」のような味。少し独特の風味もありつつも、日本人の口にとても合いやすい食材です。

このモリンガを、今回クラウドファンディングの力を使って、さまざまな形でみなさまのもとへお届けします。

現在使用予定のモリンガは、カンボジアのモリンガ*。
モリンガの風味を楽しんでいただけるよう、どのリターン**も心を込めて、お届けいたします。

また、今回のリターンのおすすめは、こちらのモリンガ試食会特別御招待券です!

10000円以上ご支援いただいた方には、8月上旬から中旬に新大久保K,D,C,,,***で開催予定の「「奇跡の木」モリンガ試食会@東京」特別御招待券をお送りいたします!
この試食会では、モアイングによる解説とともに、モリンガの味をお楽しみいただけます。是非お越しください!
(ご支援いただいた方の人数により、数回に分けて実施予定です。複数日程をご用意し、ご希望者様と調整させていただきます。新型コロナの影響により、内容が変更の可能性があります。その場合は該当者様にご連絡いたします。)

*日本の大手食品メーカーで研修を積んだ障がい者の方が、障がい者雇用を生み出

タイトルとURLをコピーしました