フードロスを削減しながら飲食店を応援できるサービスを作りたい!!

フードロスを削減しながら飲食店を応援できるサービスを作りたい!!
世界共通の社会課題になっているフードロス(食品ロス)を削減しながら、コロナで莫大な影響を受けている飲食店をWITHコロナだけでなく、アフターコロナも応援し続けられるサービスを作ります。コロナがなかった頃に戻すサービスではありません。コロナを乗り越えて、さらにいい社会を実現するためのサービスです。

こんにちは。

フードロスを削減しながら飲食店を応援できるサービス「TIPPER(チッパー)」の代表の尭部(ぎょうぶ)と申します。

TIPPERでは、世界共通の社会課題になっているフードロス(食品ロス)を応援の力で“0”にするという目標を掲げています。さらに、コロナで莫大な影響を受けている飲食店をWITHコロナだけでなく、アフターコロナも応援し続けられるサービスを目指しています。

ぜひ最後までご覧いただきますようよろしくお願い致します。

改めまして自己紹介をさせていただきたいと思います。

私は、1995年京都府京都市生まれの尭部直人(ぎょうぶなおと)と申します。

ラグビーのスクールウォーズで有名な伏見工業高校でサッカーをしていました。その後、航空自衛隊に3年間の任期制で入隊しました。それがとてもいい経験になり、ラッパが鳴れば起きられる体になりました。そして、3年間の任期満了後に移動販売事業を立ち上げました。その時に飲食店経営者の方と話す機会が増え、コロナでの苦労やフードロスの現状などを聞き、課題意識を持ち始めていました。元々自衛隊にいた影響なのか、日本のためになることがしたいという気持ちが強く、社会課題の解決にはかなり大きな関心がありました。そして2021年の4月にフードロスを削減しながら飲食店を応援できるサービスTIPPERを立ち上げました。
▶︎応援したい飲食店のファンクラブに入り、フードロスの削減に貢献できます。

サービスのいいお店や居心地がいいお店など、応援したくなるような飲食店はございませんか?TIPPERでは、そんな応援したい飲食店と一緒になってフードロス“0”を目指すことができます。ファンクラブといってもSNSのフォローのようなもので、入会費や年会費はございません。フードロスが発生しそうな時などに通知を受け取ることができたり、飲食店からクーポンなどを受け取ることができます。

▶︎フードロスの発生を事前に抑制することができます。

飲食店でのフードロスは、仕入れた量やお客様の入り方などで、おおよその予想はつくため「この材料の期限が近づいているから、このメニューを食べてもらいたいな」ということがあると考えています。TIPPERがあれば、飲食店がフードロスを事前に予想して、食べて欲しいメニューをファンクラブに公開することで、フードロスを未然に抑制することができます。

▶︎フードロスが発生しそうになった時に食事をするだけでフードロスの削減に貢献できます。

飲食店は、急な予約のキャンセルなどで突発的にフードロスが発生しそうになった時に、ファンクラブに対して通知(無料)を出すことができます。ファンはその通知を受けて食事に行くことでフードロスの削減に貢献できます。普段美味しく食べているファンだからこそ、割引がなくても美味しく食べることができると考えています。

▶︎応援している飲食店に応援チップ(100円〜1000円)を送ることができます。

飲食店に対しての応援を「チップ」というカタチにすることができます。この応援チップは見返りを求めるものではなく、飲食店に対する支援です。飲食店は、応援チップの使い道は自由ですが、月に一度、なにに利用したかをファンクラブに対して報告します。(例:従業員のお給料UP、店舗維持費、クーポンなど)飲食店を応援できる新しい方法になります。ちなみにTIPPERとは“チップを送る人”という意味でこちらからきています。

TIPPERは、数ある社会課題の中でも、フードロスの課題解決を目指します。

フー

タイトルとURLをコピーしました