ブルガリアの自然の恵み(天然生蜂蜜とヨーグルト)を皆様の食卓へ!

ブルガリアの自然の恵み(天然生蜂蜜とヨーグルト)を皆様の食卓へ!
健康づくりに欠かせない腸内環境改善のためにブルガリアの食文化を皆様にご紹介させていただき、ご一緒にコミュニティを作れたらと存じます。本場ブルガリアの家庭手作りヨーグルトと相性抜群のブルガリアの自然から採取された非加熱天然「生」はちみつの応援購入をよろしくお願いいたします。

はじめに・ご挨拶

初めまして!有限会社ゲオビズの小森と申します。

ブルガリアに在住後、長年にわたって天然はちみつなどのブルガリア商品を輸入しております。今回、私たちがご紹介させていただく商品はブルガリアの伝統的家庭用ヨーグルトkiselo mlako(キセロ・ムラコ)とバラの国としても有名なブルガリアのバラの葉入りヨーグルトと自然豊かな環境で採取された非加熱天然「生」はちみつです。ブルガリアの食文化を通して皆様の健康維持に貢献できれば幸いに存じます。

ブルガリア天然非加熱「生」はちみつについて
ブルガリアのはちみつ
はちみつは、伝統的なブルガリアの生産品で3000年以上も昔から生産されて来ました。ブルガリアはコーカサス地方と並び昔から有名なはちみつの本場です。又、この地方に長寿グループが多いのははちみつの摂取量と密接な関係があると言われています。ブルガリアのはちみつの特徴は、多種の蜜源によるユニークな味と極めて高い密度の花粉(ポーレン)含有量によるすばらしい品質です。そして更に重要なのは、各種のビタミン、ミネラル、酵素、タンパク質とアミノ酸等の栄養素を多量に含んでいる事です。

生の蜂蜜は歴史を通して民間療法として使用されており、さまざまな健康上の利点があります。これらの健康上の利点の多くは、生の、または低温殺菌されていない蜂蜜に固有のものです。風邪をひきやすい冬や良質な睡眠が欲しい就寝前に愛用されます。

ブルガリアンビーの天然非加熱「生」はちみつ

店頭で販売されている市販の蜂蜜のほとんどは、加糖、加熱されたものですが、本物の、または「生」の蜂蜜だけが対価に見合う価値があります。
ブルガリアンビーのはちみつは以下のようにして生産されます。
蜂蜜の品質には、次の3つの主要な段階があります。
巣箱を配置する地域の選択
蜂蜜の収集
蜂蜜の加工と梱包
生産時間とコストを削減するために、蜂蜜生産者はこれらの段階の1つまたはすべてで失敗することがよくあります。彼らは巣箱を汚染された地域に置いたり、熟成する前に蜂蜜を集めます。蜂蜜が期日より前に収集されると、大量の水分が含まれるため、蜂蜜が発酵しやすくなります。時期尚早の収集を補うために、生産者はそれを蜂蜜で受け入れられる35℃よりもはるかに高い温度に加熱し、発酵を防ぎ、結晶化を遅らせるために低温殺菌します。その後、蜂蜜はその栄養の特性のすべてではないにしてもほとんどを失います。
蜂蜜は、完全に熟成したときにのみ、巣箱から収集する必要があります。また、そのろ過は低温で行わる必要があるため、「生」、「低温殺菌されていない」、または「コールドプレス製法」と呼ばれます。

ブルガリアンビーが本物の生の蜂蜜を提供する理由

巣箱を配置する地域の選択
養蜂に最適な地域は、ミツバチに継続的な放牧を提供し、自然な方法で花粉を集めることができる地域です。継続的な放牧はミツバチを慰め、自分自身を繁殖させ、その数を増やし、結果としてより多くの花粉蜜を生成します。
言うまでもなく、この地域に汚染されていない空気と土壌があればあるほど、植物相はより健康になります。集められた花粉の蜜は、もちろん後で適切に処理されれば、真の「バイオ」ハニーに変わる可能性があります。
ブルガリアンビーの蜂蜜は、ブルガリアが蜂蜜、ハーブ、スパイスの主要な輸出国であったソビエト時代以来、特に蜂の巣箱のために選ばれた、ブルガリア北東部のドゥロボの町に近い地域であるブルガリアの未開の森で収穫されます。
今日まで、この地域はまだ人口がほとんどなく、交通量

タイトルとURLをコピーしました