特許技術を使用したゲーミングデスク「ARCdesk slim」量産プロジェクト

特許技術を使用したゲーミングデスク「ARCdesk slim」量産プロジェクト
特許技術を使用したゲーミングデスクARCdeskシリーズに新たなバリエーションが登場します。「ARCdesk」「ARCdesk mini」に続いて、第3弾となる「ARCdesk slim」をリリースします。今回のプロジェクトでは、ARCdesk slimを量産して一般販売を目指しています。

私たちWillow Gearでは「ARCdesk」という、多機能ゲーミングデスクを生産・販売しています。

・Willow Gearウェブサイト

・Willow Gearオンラインショップ

・Willow Gear公式Twitter

ARCdeskシリーズのゲーミングデスクはこれまで「ARCdesk」「ARCdesk mini」の2タイプの商品を提供していました。今回はARCdeskシリーズの中で最もコンパクトでリーズナブルな「ARCdesk slim」を開発しました。

ARCdesk slimは、ARCdeskシリーズの特徴であるアークシステム(特許技術)を採用しながらも、省スペースで利用しやすくなったゲーミングデスクです。

今回のプロジェクトではARCdesk slimを量産して一般販売することをゴールにおいています。

私たちは小さな会社なので、量産するにしてもそう簡単にはできません。そこで、皆様のお力添えをいただきたく、クラウドファンディングを実施することにしました。

ARCdeskシリーズには、キーボードスペースに加えてハンドルコントローラーなどを設置できる「アークパネル」を搭載しています。

WillowGearではキーボードスペースとアークパネルをワンタッチで切り替えることができるアークシステムを開発しました。

※写真はARCdesk

これにより、ハンコンやフライトスティックを毎回付け外しする手間を省き、キーボード操作とデバイス操作の切り替えをスムーズに行えます。

特徴的な技術であるアークシステムはWillow社で特許を取得しています。

2019年の8月に、「机に回転パネルを付属する技術(アークシステム)」の特許を自社で取得しました。

ARCdeskシリーズ最大の特徴であるアークシステムを搭載しながらも、横幅を90cmに抑えることにより、あらゆるシーンで活躍できるゲーミングデスクになっています。

既存の製品であるARCdesk miniと新商品ARCdesk slimの違いを紹介します。

2製品の大きな違いとしては、天板の横幅が120cmと90cmの差があることです。ARCdesk slimは横幅を小さくすることで、より多くのスペースに適合できるサイズ感になっています。

パネルとスライド台については全く同じモノを使用しているので、設置できるデバイスに差はありません。

ARCdeskシリーズのパネルには最初から複数の穴が開いているので、ハンドルコントローラーやシフターなどを取り付けることができます。また、既存の穴と一致しないデバイスの場合は、デスクに付属する取付金具を使用して設置できます。

デスクに付属している取付金具

取付金具を使用することで、ネジ穴があるデバイスであれば大抵の製品を取り付けることができます(一部の大型デバイスは適合しない場合があります)。

下記のビデオは、ハンドルコントローラー、シフター、フライトスティックの取り付け方法を紹介しています。

※動画内で使用しているデスクはARCdesk miniですが、パネルサイズはARCdesk slimと同じなので、同様の取付方法で設置できます。

ARCdesk slimのパネルには様々なゲーミングデバイスを設置できます。

■ハンドルコントローラー&フライトスティック&シフター

ハンドルコントローラー・フライトスティック・シフターを全て同時に取り付けることができます。

【取り付けているデバイス】

・Logicool G2

タイトルとURLをコピーしました