持ち運べるオーブン焚火台 iron oven(アイアンオーブン)

持ち運べるオーブン焚火台 iron oven(アイアンオーブン)
焚火を楽しみながらも料理を楽しみたい揺らめく炎を見ながらじっくりと料理を同時進行そんなあなたに折りたたみ可能なオールステンレス製のオーブン焚火台

 世良鉄工株式会社の三上正幸と申します。当社は北海道の中央部・旭川市の隣にある当麻町で1940年から建築金物の製造を行う鉄工所として営業してきました。
 得意とする分野は9台のロボットによる溶接加工と2.5KWのレーザー加工機による精密切断加工を行っております。
 社員数は10名で中小企業としてもかなり小さい規模になりますが、技術力に信頼を頂き本州の大手ハウスメーカー様からも受注を頂いております。

 当社はこれまでBtoB(企業 対 企業)の取引が98%の割合を占めておりますが、作り手と使用いただく皆さんの近い距離間での仕事をしたい思いが従来ありました。そこで自身の趣味でもあるアウトドア製品の開発を行い皆さんに直接お届けをしたいと考え自社のアウトドア部門としてA Product(エープロダクト)を立ち上げ販売したいと考えております。

ものづくりに従事する人間は自分も含めて製造にはノウハウや知識もありますが、販売すること・営業することに関しては不得手な人が多いと感じております。しかし旭川近郊には非常に技術を持った企業や職人さんが多数いらっしゃって自社オリジナル製品というものも多数ございます。
 今回クラウドファンディングという場を使用させていただくことで、ものづくりする人間から直接お客様へ製品を届ける。そしてご意見や喜びの声をお聞きするという道北のものづくりの走りになれればと思います。

 キャンプやBBQの際に「人ごみを離れてゆっくりと自分の時間を過ごすひと時の幸せ」・「家族や仲間と日常をはなれて時間を忘れて語り合う」そんな時間に今や焚火という作業が欠かせなくなっています。

 この大切人と過ごす時間をより快適に、さらにくつろげる時間を満足していただくために新たに開発したアイアンオーブン(IRON OVEN)は焚火台とオーブン調理機能を合わせたの簡易組立ギヤです。

 ネーミング由来は製品の主材となるステンレスを構成する主な素材である鉄(Fe)と「鉄」工所発のプロダクトギアという2通りの意味を込めてIRON(鉄)OVEN(オーブン)といたしました。

 自分自身も家族とのレジャーでキャンプによく行くのですが焼き肉が終わった後に同じ焼き台を使用して焚火をしてもすぐにさびて使い物にならなかったり、焚火の準備をしてしまうと食べ物の調理がもうできなくなったり・・・etc 様々な悩みが尽きないことがありました。
 そこで「焚火をしながら調理をしてしまおう。」「どうせならピザでもグラタンでもできちゃうオーブン機能にしてしまおう」といった流れで「持ち運びができるオーブン焚火台」を開発いたしました。

 アイアンオーブンはスタンダードサイズ・ミニサイズの2種類の規格がありどちらもすべてのパーツは錆や耐熱性に強いステンレス鋼板の板状の部品から構成されています。組み立ては鋼板をかみ合わせながら組み立てるだけでボルト止めや煩雑な作業は一切不要です。
 また持ち運びの際には箱状の底板にすべてのパーツが収まることで付属ベルト2本の固定で持ち運ぶことが可能です。

  片手で持ち運びもラクチン  

ダッチオーブンやケトルも自由に配置可能です

 L字金物は前後左右お好みの場所に取り付け可能です。焚火台上部は五徳により2段階の高さを調整可能です。(ミニサイズは取り付け向きで、スタンダードは五徳の大小で調整します。)

 焚火を楽しむために上部焼き網を外して焚火をした途端に、子供たちから「おなかがすいた」や自分でも「何かつまみが欲しいな」等の悩みはキャンプでよくあ

タイトルとURLをコピーしました