【沖永良部島】シマ暮らしの新婚夫婦をお祝いしたい!

【沖永良部島】シマ暮らしの新婚夫婦をお祝いしたい!
「結婚しても、式が挙げられない...」コロナ禍もあり、様々な理由から沖永良部ではここ数年結婚披露宴が開かれていない。不便な面も多い沖永良部に都会から来てくれた花嫁を盛大に祝い、迎え入れたいという気持ちから、若モノ達で「島らしい結婚式」を開くことを決意。全国の皆様に島の良さや空気感を全力で届けます。

皆さんこんにちは!

私たちは鹿児島県奄美群島のひとつ、

沖永良部島を拠点に活動している

「若冲洲会(わかちゅうしゅうかい)」

という団体です。

現在全国に9拠点、

沖永良部島出身者で組織する

「沖洲会(ちゅうしゅうかい)」

(郷土会)があります。

全国各地の沖洲会及び故郷が連携を密にし、

沖洲会員同士の連携・親睦を深めています。

若沖洲会は2018年に島を盛り上げていきたいと思う

島出身の若者集団によって立ち上げられました。

田皆岬

サンセットの風景

今日の社会では、

少子高齢化や後継者問題などの課題が

社会全体で問題視されています。

私たちの故郷である沖永良部島も

例外ではありません。

そのような中、

「大好きなふるさとを若モノで盛り上げていきたい!」

その一心を持つ若モノで創立された若沖洲会は、

島を盛り上げるためにさまざまな活動をしてきました。

第1回全国若沖洲会 in福岡

第2回全国若沖洲会 in鹿児島

沖永良部島の特産品の販売の様子 in鹿児島

高校生へ向けたキャリア講演

※活動内容やPR動画はこちらからご覧いただけます。

若沖洲会は現在全国各地の代表約20名、

イベント等では約70名で活動をしており、

発足から約3年経った今ではUターン、Iターン問わず

多くの若モノが島をより盛り上げていくために

走り回っています!

そんな私たちは今回、

【コロナ禍でも幸せな1日を届けたい】

若モノたちが創る南の島のウェディングイベント

というコンセプトで

ウエディングイベントを行います!

新型コロナウィルス感染症拡大により、

多くの業界が危機を迎えており、

特にブライダル業界は深刻な影響を受けています。

沖永良部島においても

島内での大々的な結婚披露宴は、

ほとんど開催されていないのが現状です。

人口減少や晩婚化という社会問題がある中で

『結婚』というのは非常におめでたいことであり、

『結婚式』は誰もが一度は憧れる空間ではないでしょうか。

沖永良部島は特に地域のつながりが強く、

祝いごとなどを大事にしてきた歴史があります。

そこで私たち若沖洲会が、

コロナ禍で結婚式を挙げられていない

沖永良部島に住む若い新婚夫婦さんに向けて

【ブライダル✖️沖永良部島✖️若モノ】で

ウエディングイベントを開催しようと決意しました。

従来通りの結婚式が開けない

今だからこそ、

新しいウエディングのカタチに挑戦し、

島内外に関わらず、

島を知るたくさんの人に笑顔と感動、

そして、

島らしさ溢れるウエディングの在り方を提案し、

「結婚式ってやっぱり素敵だな!」

「沖永良部島での結婚式はこんなこともできるんだ!」

このような沖永良部島でのウエディングの魅力を

知ってもらうきっかけとなれるものを

若モノの手で創りたいと考えています!
【コロナ禍でも幸せな1日を届けたい】
若モノたちが創る南の島のウェディングイベント

企画内容

今回は、

【コロナ禍でも幸せな1日を届けたい】

若モノたちが創る南の島のウェディングイベント

というコンセプトのもとで

「沖永良部島ウエディングフォト」

「島ならではの心温まる結婚式」

の2部構成でのイベントを予定しています。

このウエディングイベントを行うにあたって、

沖永良部でブライダル業を

されている方とタイアップして

進めていきます!

沖永良部島ロケフォトウェディング
(提供:おきのえら

タイトルとURLをコピーしました