東京府中 アートスペース メルドル 10周年記念誌をつくりたいっ!

東京府中 アートスペース メルドル 10周年記念誌をつくりたいっ!
東京競馬場近くの古民家で、アートスペースを10年間営業してきました。子育てをしながら、家族の成長と共に歩んできたメルドルの活動をもっと知っていただきたい!子育てしながらでもアートを、自分の活動を諦めなくていい、ゆるくたって続けていい。ゆるふわパンクな10年を振り返る10周年誌を作成します。

10年誌を作って、活動を飛躍させたい。
東京郊外、多摩地域からアートを発信!
世界中からアーティストが集まって、
地域の人々と自然に交流ができて、
子育て中のアーティストもゆるやかに活動を続けることができる、
そんなグローカル・アート・コミュニティづくりを目指しています!

みなさん、こんにちは 芝辻ぺラン詩子です。

このページに目を留めていただき、誠にありがとうございます。

東京郊外の府中でアートスペースを運営しています。
2002年に武蔵野美術大学を卒業後、渡英し、イギリスの美大に行きました。
帰国後、知り合ったフランス出身の情報工学博士でアーティストのステファン・ぺランと結婚。
幼少期を過ごした府中の民家を祖母から譲り受け、新婚生活をスタート。
住宅の一角を創作発表の場として、10年前の2011年にartist-run-space merdre(アーティスト・ラン・スペース メルドル)をオープンしました。

(アートスペースに併設したカフェの中)

改装はDIY。夫ステファンと1年かけて少しづつ。
和室二間をアートスペースとして、展覧会やコンサート、体験型ワークショップを仲間のアーティストたちの協力を得ながら、運営してきました。

やりたいことをやりたくて、運営は非営利。

採算取れないこともしょっちゅうでしたが、ガレージだったスペースも改装してカフェをオープンして、来場者からの飲食注文を収入源としてなんとかやってました。

都心に行かなくてもアートに触れることができる。

靴を脱いで畳でリラックスできる。

牧歌的な空間なのに、実験音楽や現代美術、ビックリするような、ニッチな表現活動ができる場所として、世界中のアーティストが訪れ、親しまれてきました。

(2015年から新年恒例の「こたつライブ」での一コマ)

(注目の若手アーティスト、樫内あずみさんの個展の一コマ)

2015年頃からは、地域情報誌や「NHKあさイチ」、民放の有名まち歩き番組、「モヤモヤさま〜ず2」「途中下車の旅」などでも取り上げられるなど、メディアからも注目されてきました。

(モヤモヤさま〜ず2の番組内でウタコの代表作「人間ドッグ」を作るワークショップを敢行。出演者が制作した「人間ドッグ」たち)
「あの家は一体なんなの??」

テレビで見たけど、入りにくい、そもそも開いているのかさえわからない、入ってみても謎が深まるばかり・・・。
モヤモヤを膨らませてきたご近所の方は多かったと思います(汗)

そう、私たち、数多くのメディア取材にもかかわらず、PRのやり方がわからないまま、内輪感たっぷりに10年も営業してきてしまったんですっ(滝汗)
完全に発信不足!コミュニケーション不足!!!

でした😅

アーティスト・ラン・スペースってそもそも聴き慣れない言葉ですよね? 
アーティストが「運営する場」という意味なんです。
私たちアーティストの生活と制作、発表の場が一体となって、子育てしながら、ゆっくりふんわり、マイペースに営業してきました。

(マシマタケシさんの個展開催中に展示スペースで寝起きしてみたり・・・)

(子どもが危うく作品に触りそうなニアミスは幾度も!!)

ああすればよかった、もっとこうしたらよかった。
後悔は山ほど。
できなかったことへの言い訳もチョモランマ並み。

それでも、続けたかった。
自分たちにとって必要だった場所、それがメルドル。

子育ての責任を負いながら、その責任から逃れながら、アートの活動は続けたかった。

たとえきちんとできていなくて

タイトルとURLをコピーしました