次なるパラダイムシフト! コロナ後の未来のコンピュータのビジョンを発明する。

次なるパラダイムシフト! コロナ後の未来のコンピュータのビジョンを発明する。
 アップル社とIPOD特許侵害訴訟を繰り広げた発明家齋藤憲彦です。今まさに、未来のコンピュータとロボットの為の新しい発明をしました。特許権は日本国において成立しています。しかし、これを世界中の人々にも使って欲しい。応用発明の特許権をも出願したい。我が国の未来ビジョン構築力を世界に示したい。

はじめに・ご挨拶

 皆さんが協力してくだされば、技術立国日本の復活となるでしょう。一緒に、輝かしい未来の設計図を描き、本物の未来を切り開くパラダイムシフトを起こしましょう。この国の技術者の発想による次世代のハードウェアプラットフォームを出現させていきます。お力添えをお願いいたします。

 発明家の齋藤憲彦です。二十数年前、小型携帯端末用のリング状入力装置の発明をしました。それが、アップル社のIPODの丸いクリックホイールという入力装置の特許発明でした。この件は全国放送のドキュメンタリーでも取り上げられたりもして、ご存じの方もおられるかもしれません。

    

 このリング状入力装置のクリックホイール、正式名称を接触操作型入力装置と言います。これはタッチセンサーとプッシュスイッチを複合して組み合わせている入力装置で、こういった複雑な入力装置を、複合スイッチと呼びます。

私は、その後、延々と二十年以上かけて、複合スイッチについての研究を進めた結果、ついに3次元コンピュータ用の究極の入力装置とも言える物にたどり着き、発明しました。タクティルメディアボールです。

              

 前回、IPODのリング状の入力装置の特許出願は日本国だけでしか出願できませんでした。しかし、今回の発明は、さらに大勢の世界中の人々が次世代の3Dパソコン、3D携帯電話、3Dゲームマシン、3Dデザインワークステーションとあらゆる領域で使うことになります。未来の完全に3次元化されたDX領域で必須となる3次元入力装置です。この入力装置によって、世界中のコンピュータ操作環境が劇的に向上し、パラダイムシフトを起こします。まさに次なる破壊的イノベーションの礎ともなるデバイスです。

     

 すでに日本国では特許権が成立しています。この入力装置の米国特許出願等を、皆さんに助けて頂き、多くの日本発のビジネスを巻き起こしたい。我が国のコンピュータに関わるすべてのユーザー、技術者、産業を大きく飛躍させ、復活させていきたいのです。

ぜひ、皆さんのご協力をお願いいたします。

我が国のコンピュータに関わる全産業を復活させるべく、努力したい。我が国発の3次元コンピュータサイエンスを世界に向けて発表していきたい。

次なるパラダイムシフトとは、

 現在、地球上の人間の住む領域はすべて、昆虫の様な、インターフェイス(マウスやキーボードやタッチパネル)を持ったパソコンや、昆虫の様なインターフェイスをもったスマホや、カブトムシのような自動車、さらには環境にばらまかれた河川の増水センサーなどに覆い尽くされています。それらは、一部は端末として、インターネットでつなぎあわされており、それらを敷設するつもりのエリアを、スマートシティとかウォーブンシティとか申してるわけです。(実は、万博会場を含め、国内のスマートシティでも使える能力も有しているのが、僕らのTMBです。)

 しかし、次なるパラダイムシフトは、人間の様なインターフェイスを持つパソコンや、人間のようなインターフェイスを持つポストスマホや、人間の子宮の様な乗り心地の猫バスのような自動車が、インターネットを介して、編み目の様になって、この地球上を覆い尽くす、ママルコンセプト革命によって引き起こされます。

 今回の、このクラウドファンディングは、このパラダイムシフトの起点ともなるわけです。

かなうことなら、技術立国日本の再興がなるようにしたい。みなさんと共に、この技

タイトルとURLをコピーしました