【片手で面白いくらいによく切れる】錆びに強くて美しい。一生使えるダマスカス包丁

【片手で面白いくらいによく切れる】錆びに強くて美しい。一生使えるダマスカス包丁
①ハイエンドナイフの専門家が日本の包丁にインスパイアを受け制作。使いやすいデザインで切れ味抜群。②V金10号の刃とダマスカス鋼の67層のブレード、マイカルタのハンドルとこだわりの素材を厳選。③人間工学を用い刃の角度やバランス、カーブを3Dモデルで試作。本番はハンドメイドで完璧さを追求。

ダマスカス鋼の美しい紋様とV金10号の鋭利な刃が、あなたの料理の腕をさらに引き上げます。

料理の味は包丁で変わると言われるほど、調理に切れる包丁は必要不可欠。

切れ味の悪い包丁で切った食材は断面が崩れ見た目が悪くなるばかりか、食材の細胞も必要以上に潰れるので水分やうま味成分も流出し、味も食感も低下します。

だから包丁は切れ味が命。

そこで、プロのナイフ愛好家集団がこだわり抜いた切れ味鋭い包丁【ダマスカス67】が日本正規輸入代理店をたて、待望の日本上陸!!

machi-yaでご支援頂きました皆さまには、日本で問題なく安心して使用できる製品をお届けさせていただきます。
また、リターンの製品に不具合があった場合にはSmoonishが責任をもって日本語のサポートをさせていただきます。

幻想的なダマスカス鋼のブレードは見た目も美しく、食材がスパッと切れる心地よさは世界中のプロの調理人たちを魅了。

しかも錆に強く丈夫で長持ち。一生モノの包丁です。

この【ダマスカス67】は2017年にリリース以来、世界中のプロの料理人たちから大好評を得ている抜群の切れ味と耐久性を誇るハイエンドナイフです。

【ダマスカス67】はバルト三国のラトビアでカスタムナイフの愛好家たちが作り上げました。

欧米は個人でも切れ味と美しさを競うカスタムナイフ作りが盛んで、彼らは2003年に日本刀でも有名な刃物の町、岐阜県関市に赴き包丁で名高い刃物メーカーと出会います。

彼らは日本刃物の切れ味や使い勝手の良さ、そして美しさに魅了され、同年にはそのメーカーと提携しオリジナルのハイエンドナイフの生産を始めました。

日本の刃物の生産技術を吸収し、さらに欧米のカスタムナイフの合理性を融合。

人間工学を駆使してデザインを行い3Dモデルで設計、プロトタイプを制作し使いやすさをチェック。

そして日本の包丁の弱点である「錆びやすさ」を克服した驚異の耐久性を誇るハイエンドナイフを完成させます。

彼らの調理用ナイフはその切れ味とハンドリングの良さから今では世界170カ国の人々に愛用され、ラトビアでもトップクラスのハイエンドナイフメーカーとなりました。

【ダマスカス67】は実際の生産過程の9割は各パーツの専門家が微調整を行うハンドメイド。

徹底的に切れ味と使いやすさを追求しています。

あなたもこの【ダマスカス67】の切れ味と使いやすさを体験したら、もう他の包丁は使えないでしょう。

【ダマスカス67】は日本刀と同様に硬い芯材と柔軟性のあるブレードの三層構造で作る「割込み」で生産しています。

包丁の切れ味を左右する芯材には日本製の超硬質鋼「V 金10号」を採用。

V 金10号は錆を防ぐためレアメタルのコバルトを含んだ特殊鋼で、錆に強いばかりかステンレス鋼の硬さを示すロックウェル硬度では超高硬度に当たる61HCRを達成。

長く使っても錆や刃の摩耗が少なく、鋭い切れ味を末永く保ちます。

しかもお手入れは普通に洗剤で洗って水分を拭き取るだけなので簡単です。

また【ダマスカス67】は右利き、左利き両方で使える両刃を採用しました。

さらに刃の角度は彼らの長年の研究で最も切れ味が増す17°の角度で研磨しています。

だから薄い紙も抑えずに刃を当てるだけでスパスパ切れます。

分厚い本でもご覧の通り。

潰れやすいトマトのような食材も形を崩さず薄くスライスでき、しかも食材の刃離れが良く、切り口もきれいで鮮やか。

誰でもプロ並みの包丁さばきを楽しめます。

【ダマ

タイトルとURLをコピーしました