福岡発!九州の野菜果物をたっぷり使った冷凍スムージーで食や農の現状を伝えたい!

福岡発!九州の野菜果物をたっぷり使った冷凍スムージーで食や農の現状を伝えたい!
冷凍クラフトスムージー「CHISO-馳走-」は九州の農家さんが有機栽培や無農薬/減農薬で育てたものを新鮮な状態で瞬間冷凍。無添加、無着色は当たり前に簡単にご自宅でスムージーが作れるように一つ一つパッケージしました。スムージーを通して、食や農の現状を伝えるためにクラウドファンディングに挑戦します。

こんにちは。木下 拓也 a.k.a ワックマと申します。
私たちの初めての挑戦にアクセスしてもらい、とても嬉しいです。
想いが募り長くなりますが、読みやすいように工夫して書いたので最後までお読みいただけたら幸いです。
未来のために立ち上がる

(株)すりあし 共同創業者 左:木下 拓也  同右:大島 弘也

私は元々、福岡でイベント・PRプランニングの仕事をしていました。順調にお仕事もさせていただいていたのですが、新型コロナウイルスによるパンデミックで多くの仕事を失いました。
しかし、生来からポジティブで負けず嫌いの私は「行動するしかない」と腹を括り、企画を考え仲間たちと相談する日々が続きました。「楽しむことを諦めさせない」を合言葉に、2020年4月:飲食テイクアウトの応援キャンペーン「おもちかえりなさい」と2020年8月:「ドライブインシアター」企画に取り組み、閉鎖的になっていた街に明るさと新たなつながりを生むことが出来ました。(福岡市の公式インスタグラムや多方面のメディアで取り上げていただきました。)

【公式】福岡市instagram 
そして、共同代表である大島は東京で作った自身のキャリアを活かし、2020年の4月から実家のある熊本へ家族を移住させ、多拠点生活で東京と地方を回りながらパーソナルトレーナーとしての知識や経験を多くの人に伝える準備をしていました。にも関わらずコロナの影響を受け東京から動くことが出来ず歯痒い思いをしていました。大島は悩みます。離れていても家族の健康をどうにかサポートできないか?そしてパパの顔がフッと思い出され自然と笑顔になるようなことが出来ないか?と。

普段からお互いにビジネスアイデアが浮かぶたびに面白がって意見を言い合っていた私達2人は、コロナによって「大切な人が離れていても健康でいてほしい。自分たちで明るい未来と健康を作るビジネスを立ち上げよう!」と初めて2人で本気で考え抜き、決意の証として2021年2月に「株式会社すりあし」を設立しました。
冷凍スムージーとの出会いと無限の可能性

話は2020年9月にさかのぼります。
2人で「健康」をテーマにしたビジネスのアイディアを沢山出し合いました。
自分達だけが儲かるものではなく、社会的に意味があり、皆に受け入れてもらえ喜ばれるもの。そして、誰もが簡単に出来て飽きずに習慣化出来るもの。そこに自分たちの今までの経験をミックスしてオシャレでストリート感を感じれるものを作りたい!

そんな時に、私のニューヨーク在住の友人が無料でアイスクリームを配布しているブランドの事をinstagramにアップしていました。興味が湧き調べてみると、冷凍スムージーの通販会社。「Farm-Frozen(農場から冷蔵庫へ)」というテーマを掲げ、「冷凍=手間をかけていない、美味しくない。栄養がない」という従来の認識を壊し、畑で取れた新鮮で栄養満点な野菜や果物を冷凍して配送。忙しくても自宅で簡単に美味しくて健康的なスムージーが作れるという新しい形のビジネスモデルは、2人にとても魅力的で新鮮に写りました。

それから、毎日のようにスムージーを飲み歩き、味の研究や資料を集めていくうちに、この飲み物に「無限の可能性」があることに気づきました。
スムージーはたくさんの野菜や果物をそのまま(ホールフーズ )摂ることが出来、一番栄養の多いとされる皮や普段食べない硬い部分も食することでビタミン、ミネラルを簡単に補給できます。そして他の飲み物にはないナチュラルな食物繊維も満タンです。味は個人の好みに合わせて

タイトルとURLをコピーしました