【日本一遠い街・丹後地域】「食」でU・Iターン以外でも街と関わるきっかけを!

【日本一遠い街・丹後地域】「食」でU・Iターン以外でも街と関わるきっかけを!
東京から公共交通機関を使うと「日本一遠い街」、「京都府京丹後市」。そんな丹後の「食材」を「定期的」に「お届け」するサービスを作りたいです!地域創生・まちづくりの新しいゴールをつくるために…。「食」をきっかけに「全国どこでも」地元につながる「きっかけ」を提供します。

ご挨拶

みなさん、はじめまして「日本一遠い街、京都府京丹後市」出身の安田大輝と申します!

どこからでも地元を感じられるサービス「丹後ぐるめ便」をスタートさせるにあたり皆様のご協力をいただきたくクラウドファンディングを立ち上げました!
「丹後ぐるめ便」をはじめ、故郷との新しい関係を創っていきたいと思っていますので、その先駆けとなるサービス開始にお力を貸していただけますよう、よろしくお願いします!
「丹後ぐるめ便」とは

「丹後ぐるめ便」では、食をきっかけに、丹後との繋がりを持てます!

「丹後ぐるめ便」とは…
故郷を離れた方に、丹後の食材を、毎月1回配送するサービス
プラス
故郷をキーワードに集まるオンラインコミュニティによる参加型サービス
です!

1.基本となるサービス:丹後の食材配達サービス

「丹後地域」は農業・漁業ともに資源豊富な地域です。
すでに魅力的な商品を作られている生産者・事業者さんがたくさんいらっしゃいます。
それらを毎月1回、定期的に配送することで、離れた土地でも故郷の味が食卓に届きます。

丹後の「食」を「定期的」に。

正式にサービスを開始すると…
●BASE(ECアプリ)で「丹後ぐるめ便」が購入可能になります。
・5,000円/月 or 10,000円/月の2コースを設置予定。
●毎月定期的にお届けします。(サブスク購入)
・毎月1週目に配送作業を予定。
●毎月1回オンラインイベントを開催。
・食材の感想/調理方法シェア会等を予定しています。
・地元の事業者と一緒に新商品を企画。

2.付加価値となるサービス:地域をトップに据えたオンラインコミュニティ

「丹後のオンラインコミュニティco-Tango」には、丹後ぐるめ便利用者以外にも、丹後地域にゆかりのある方/興味のある方が集まります。

丹後をキーワードに集まる「co-Tango」

丹後ぐるめ便利用者は、co-Tangoを利用し、参加型の商品開発に携わることができます。
生産者・事業者と共に新しい商品を企画し、それが自分の手元に届く。
全国どこにいても日本一遠い街と関わることができる。
これが丹後ぐるめ便が目指す、U・Iターン以外の新しい選択肢です。

「食」をきっかけに「オンライン」上で繋がりをつくり、
いざ帰省した際に「オフライン」の交流が増えることを目指しています。
ゴールは「丹後に行く、遊ぶ、楽しむ」ことです。
その重要な「街の入口」として「丹後ぐるめ便」を設置しています。
日本一遠い街、丹後地域
誰もが行ったことある日本の姿

「丹後」は、日本一遠い街です。

しかし、誰でも行ったことがある街です。

まぶしい木漏れ日。
かき分けて通る草木。
すずしい川の水。
つんと鼻に刺す雪の冷たさ。

誰もが子供の頃、そんな体験をしていないでしょうか?

丹後地域は、公共交通機関を使って行く場合に日本一時間のかかる地域と言われています。
実際に私は帰省するごとに新幹線、地元路線、バスを使って6時間かかります。。。

京都府の最北端に位置する京丹後市。
京丹後市も含まれる「丹後半島」地域は日本一遠いですが、誰もが想像できる地域なのです。

沈む夕日と丹後

ただし、足を運ぶには時間・金銭的に本当に遠い地域です。
だからこそ眠っているワクワクが盛り沢山なんです!

そんな地域に私はもっと近づきたい。
時間がないから…と触れ合うのを忘れたくないです。
サービス立ち上げの背景

1.「丹後」と「東京」、どちらも好き
私は現在社会人2年目です。大学進学を機に京都市、就職で

タイトルとURLをコピーしました