【土に還るニット】大地から服を創る Mebukiのニットは自由だけじゃない。

【土に還るニット】大地から服を創る Mebukiのニットは自由だけじゃない。
天然繊維を使用した、土に還るニット。群馬県の伝統である上毛かるたと群馬県太田市のニットをかけ合わせ地元愛溢れる2人がこのプロジェクトを立ち上げました。

Mebukiは「世界はあなたの思いのまま」をコンセプトに僕らの地元、群馬県太田市のニット産業を救うために立ち上げたアパレルブランドです。第二弾となる今回は、「土に還る、やさしいニット」をご紹介します。

Mebukiのニットは、「無縫製ニット」の製造メーカーである株式会社イノウエで生産しています。その高い技術力で多くのブランドから信頼を得ており、着てみれば誰でも違いがわかるほどの着心地です。機械と職人の丁寧な手作業、厳しい検品、丁寧な梱包を経て皆様の元へ渡ります。

程よく肩の落ちた、美しいゆったりめデザイン。暖かいのに蒸れにくいので、秋から春先まで長く活躍すること間違いなし。老若男女問わずおすすめの一着です。カラーはライトグレーとモカブラウン。
群馬愛溢れる上毛かるたの絵札付き。絵札は全5種類で、組み合わせを選べます。スナップボタンで取り外し可能。カラーはライトグレーとモカブラウン。群馬県が大好きな方におすすめです。

ウール繊維にある縮れ(クリンプ)がたくさんの空気を含んで、そこに毛が絡み合っているので保湿性が高く、伸縮性もあるのでとても着やすいです。

もともとウールは帯電しにくいという性質があります。そのため、冬に発生しやすい静電気を起こりにくくし、ホコリやゴミもつきにくいという特徴があります。これは、ウール素材の繊維内部の保水性が高いためです。通気性、吸湿性があり汗をかいたら水分を蒸発させるので、暖かい日でも快適に過ごせます。

ウールはもともと羊の毛からできた天然繊維のものです。そのため、土に埋めると微生物がウールを分解するので、土に還すことができます。世界中でサスティナブルが叫ばれてる中、ウール素材を使った衣類は、とても地球にやさしい衣類となります。また、羊毛は19種類のアミノ酸からなるタンパク質で出来ており、人間の髪や肌に近い成分と言われています。

ウール素材には、高い弾力性・回復力があるため、型崩れしにくくシワになりにくいと言われています。万が一シワになっても、蒸気をあてるだけで元に戻るので長く着続けることができます。

天然素材のウールは非常にやわらかく、チクチクしにくい素材といわれています。
※感じ方には個人差があります

コレクションをするも良し。友達に群馬自慢するのも良し。その日の気分に合わせて変えるのもおすすめです。上毛かるたの絵札は全5種類で、シンプルな絵札なしデザインもあります。
シンプルなデザインなので、年齢、性別関係なく素敵に着ていただけます。

 フリーサイズなので、老若男女どなたでも着ていただけます。

前回のプロジェクトでは、おかげさまで15,722,360円もの支援をしていただきました。ありがとうございました!

【夏はTシャツだけじゃない】世界に誇る技術と伝統、常識を変えるニットブランド誕生
僕たちの地元群馬県太田市は昔ニット産業が盛んでした。しかし、現在工場の数が激減し衰退の一途を辿っている中、僕たちにできることはにMebukiというブランドを通して消えかけている灯火に灯りを取り戻すことでした。この思いを形にするためには皆様のご協力が必要です。皆様どうか僕たちに力を貸してください。

カメダのInstagram
https://instagram.com/iam__kame__?igshid=1ko5z271wj0h
MebukiのInstagram
https://www.instagram.com/mebuki_official/

オダのInstagram
https://instagram.com/yukimura_oda?igshid=pqvkm1ea68k0
西日本一周した時のCAMPFIREのページ
https://camp-fire.jp/projects/view/379827

・材料費、開発費

・リターン商品の発送費

・本プロジェクト手数料(達成金額の10

タイトルとURLをコピーしました