雑談の広がるお店「100円たこ焼き」に、みんなで描いたカンバンを作りたい

雑談の広がるお店「100円たこ焼き」に、みんなで描いたカンバンを作りたい
大阪にある「100円たこ焼き」というお店です。子どもたちがビラを作ったりお絵かきした紙を持ってきたりするので、その子たちにカンバン作りを提案したところ「つくりたいーー!」となりました。お金がかかるのと、どうせならみんなで作りたいと思ったので「クラファンだ!」となりました。どうぞお願いします!

みなさん、こんにちは!

本ページをご覧いただき、ありがとうございます。

わたくし、本プロジェクトオーナーの

川人佑太(かわひー)と申します。

大阪の高槻市にある

「100円たこ焼き」というお店の店長34歳です!

公立中学校と通信高校で7年間勤めた後、この4月からたこ焼き屋さんを始めました。

そこで今回は、

カンバンの購入費用へのご支援を募らせていただきたく、

こちらのページを立ち上げた次第です。

「カンバン」を作ろうとした背景

お店に来た子どもが

「なんでこの店カンバンないの?」

「この店良いからもっとみんなに来てほしい。知ってもらいたい」

と言ってきたのがキッカケです。

元々は「費用もかかるし必要ないかな」と思って作っていなかったのですが、

「そういう声があるなら…」と考えを改めました。

そこで、

「どうせ作るんやったら、みんなで作った方が楽しいやろ!」と気づき、

お店に来てくれるお客さんたちにカンバンを描いてもらおう

というアイデアが生まれました。

さらに、

「わかった!クラファンしたらオンラインの人たちも一緒に作れるし、お金も手に入るやん!すばらしい!」と気づき、今回のプロジェクト設立に至りました!
当店のこだわり

当店は”雑談”が生まれることを目標にしているたこ焼き屋さんです。

最近は、店長(わたし)とお客さんだけの関わりじゃなくて、

お店にくる子どもたち同士が仲良くなるというイベントも発生しています。

また、「おごチケ」という商品を通して、

お店にくる子どもたちに「たこやきを奢ってあげられる」体験も提供しております。
(興味がある方はTwitterで #おごチケ100 を検索してみてください)

今回のカンバンは、そんな当店を象徴するアイテムになって欲しいなと思っています。

みなさま、ぜひこのプロジェクトを通して当店の”雑談”にご参加ください!

楽しそうだなと思った方は、どうぞよろしくお願いします!
リターンのご紹介

リターンはカンバンに文字を描くことができる権利です。

1000円で1文字。2000円だと2文字。

当店のカンバンにあなたのイニシャルやメッセージを刻むことができます!

看板のイメージ図

基本的に文字は「わたし」or「お店にくるお客さん」が代筆する予定です。

もし、ご自身で書きたい方がいらっしゃる場合はtwitterのDMでご連絡ください。
(日程があわない場合はご容赦ください)

※6文字以上を希望される方は複数組み合わせてご支援ください。
(例:「出版した本買ってね」の9文字であれば5000円+4000円。備考欄にその旨ご記入ください)
資金の使い道・スケジュール

目標:90,000円

カンバン購入:15,000円
設置施工費用:50,000円
CAMPFIRE手数料:16,830円
雑費:8,170円

スケジュール
 10月17日まで クラウドファウンディングの実施
 10月 下旬  カンバン購入・作成
 11月 上旬  カンバン設置
最後に

わたしは、この4月から”雑談”を生み出そうと考えたこ焼き屋さんを始めました。

その結果、

ここでは書ききれないほどにオモシロいことがたくさん起こっております。

「お客さんが作ったカンバンがある店」

なんか楽しそうじゃないですか?

このカンバンが完成したら、

うちのお店はもっともっともーっと面白くなると思います!

楽しみ!!

というわけで、

「面白そうだな!」と思った方はぜひ支援お

タイトルとURLをコピーしました