【第2弾】笑顔と希望を乗せて再出航!「遊覧船」運航プロジェクト!

【第2弾】笑顔と希望を乗せて再出航!「遊覧船」運航プロジェクト!
令和3年1月11日、浄土ヶ浜遊覧船の運航が58年の歴史に幕を下ろしました。運航終了に際しては、多くの市民や観光関係者から、終了を惜しむ声と、再開を望む声が届けられました。宮古市では、市民並びに関係機関等との協議、検討を経て、令和4年7月に遊覧船の運航を再開することとし、新たな遊覧船の建造を決定いたしました。

実施理由/背景

浄土ヶ浜周遊に加え「浄土ヶ浜」と「出崎地区」を結ぶ、新たなルート運航を行います!

宮古市は、年間100万人以上の観光客が訪れる「観光のまち」です。
代表的な景勝地として国指定名勝「浄土ヶ浜」があり、「さながら極楽浄土のごとし」と詠まれたほどの美しい景観が、多くの人々を惹きつけています。
その「浄土ヶ浜」において、岩手県北自動車遊覧船事業部が、58年もの長きにわたり遊覧船を運航しておりましたが、東日本大震災による船の流失、現存船の老朽化などにより、令和3年1月11日をもって運航が終了されました。
しかし、市民や観光関係者からの「浄土ヶ浜観光の象徴として、遊覧船は必要である」との再開を望む声を多数受け、このたび市が遊覧船を建造し、民間に運営を委託する形で、令和4年7月より運航を再開することを決定いたしました。
市で建造する遊覧船は、これまで同様、多くの人に愛される遊覧船を目指し、多くの方々からのクラウドファンディングによる支援を得て、「みんなの遊覧船」として建造したいと考えております。
このたびのクラウドファンディングにおきましては、遊覧船の建造費用の1割にあたる金額を目標額としており、全国の方々からの温かいご支援、ご協力を心よりお待ちしております。
プロジェクト内容説明

宮古市の新たな体験型観光の中心として、遊覧船の運航を再開!

宮古市には、多くの体験型観光の素材がありますが、その中でも遊覧船は、ひときわ人気のある観光資源であり、雄大な三陸海岸の景観を海の上から楽しむとともに、船上で行われるウミネコの餌付けも人気でした。
行楽シーズンには、多くの観光客やツアー団体客などが乗船し、遊覧船は浄土ヶ浜における観光の中心でありました。
それゆえ、遊覧船の運航終了は、宮古市、市民、観光関係団体にとって大きな痛手であり、観光客の皆様にとっても大きな損失であります。
その中で、市民からの継続を望む声や、観光関係団体からの要望、関連団体との協議を経て、新たな遊覧船による運航事業の実施を決定いたしました。
宮古市では、老朽化して運航が出来なくなった遊覧船に代わる新たな遊覧船を建造し、これまでの運航内容に加えて、新たな発着所の整備や、遊覧コースの設定を行い、体験型観光として進化した遊覧船運航を行います。

遊覧船の建造、そして運営には多額の費用がかかります。
これまでの遊覧船は、109トン、400人乗りの遊覧船でしたが、遊覧船の建造費削減、そして運航に係る燃料費や点検費などの経費削減のため、新たな遊覧船は19トン、83人乗りとサイズは小さくなります。
それでも、1隻の建造費用は約2億2,000万円となり、年間の維持費は約4,300万円と試算しております。
新たな遊覧船は、皆様方の希望を乗せた船であると同時に、皆様方の協力がなければ、未来に渡って運航を継続することは難しくなります。
皆様方には、宮古市の観光の未来を乗せて走る遊覧船のために、クラウドファンディングによる遊覧船建造費用の確保にご協力いただき、「みんなで造り上げた遊覧船」として運航をしたいと考えております。
また、クラウドファンディングは、令和4年3月31日を最終期限とし、【第1弾】を7月17日から9月30日まで実施し、今回の【第2弾】の実施、そして年度末までに【第3弾】の実施を予定しております。
遊覧船の建造過程などについても情報共有を行い、皆様とともに遊覧船を造り上げてまいります。
目指すところ

遊覧船を活用した、出崎地区の観光拠点としての再整備!

遊覧船は、これまで「浄土ヶ

タイトルとURLをコピーしました