家中どこでもマイナス11℃!大好評いただいた世界初の「冷えるゴミ箱」がより使いやすくなって再登場『CLEAN BOX』【たっぷり入る…

家中どこでもマイナス11℃!大好評いただいた 世界初の「冷えるゴミ箱」がより使いやすくなって再登場 『CLEAN BOX』【たっぷり入る20リットル!】
家中どこでもマイナス11℃!大好評いただいた世界初の「冷えるゴミ箱」がより使いやすくなって再登場『CLEAN BOX』【たっぷり入る20リットル!】

2019年度に「世界初の冷やすゴミ箱」先行販売し、グッドデザイン賞の中でも上位に与えられる「BEST100」を受賞した初代CLEAN BOX。実際にお届けし、使っていただいた皆さまからのご意見をもとに、より多くの方に使っていただきやすい形にアップデートいたしました。
CLEAN BOXの可能性
生ゴミの臭いが26000分の1に!
あの紙オムツの臭いだって凍ります!

CLEAN BOXを、使用済みの紙オムツのストック場所として使ってみてください。マイナス11℃で冷やすことであの紙オムツの臭いがほとんどしなくなります。臭気測定では生ゴミの臭いがなんと26000分の1になりました。もう必死に息を止めてゴミ出しをする必要はありません。
ゴミが新鮮!食べたあとの生ゴミの鮮度も落ちない!

CLEAN BOXを生ゴミのストッカーとして使ってみてください。マイナス11℃で冷やすことで腐敗や雑菌の増殖速度が遅くなり、調理後や食後にでる生ゴミだってゴミ捨ての日まで新鮮なまま。臭いの気になる魚料理の後にだって大活躍です。
冷やしてみるという新発想!
食品を気にせずいろいろな物を冷凍保管!

例えば、カメラのフィルムや化粧品などの長期保管、夏の暑い日にはバスタオルやTシャツを冷やすのだって使えます。冷凍保管って食品以外にもたくさん用途があるはずなのに、キッチンの冷凍庫はいつも食品で満タン。CLEAN BOXならコンセントがある場所なら家中どこでもマイナス11℃の空間をつくれるので心置きなくいろいろなものを冷凍してください。
5人に1人が生ゴミを冷やしたことがある!

調査によると5人に1人くらいの人が食事の後などに出た生ゴミを、臭いや腐敗を抑えるためにキッチンの冷蔵庫で冷やして保管したことがあるそうです。しかし、キッチンの冷蔵庫は食品のための空間であるという意識が強く、やってみたいけど抵抗があるという人も多いのではないでしょうか。CLEAN BOXは独立して冷やすことができるプロダクト!食品を気にすることなく、冷凍をご活用ください!
二子玉川蔦屋家電でCLEAN BOXを展示中!

2021年10月1日から12月29日までの期間、CLEAN BOXの実機を二子玉川蔦屋家電で展示中!オンラインだけでは伝わらない質感や機能をぜひお確かめください。展示会場には先着でノベルティのマグネットもご用意しています!
CLEAN BOXのデザイン
内容量増量!たっぷり入る20リットルサイズ!

先行販売したCLEAN BOXのユーザーさまから一番多かったのは容量は少しでも大きいほうがいいというご意見でした。新しいCLEAN BOXは内部構造を見直し、内容量を20リットルに増量。使用済み紙おむつが約30個収まる容量です。
置き場所を考慮!ちょっとした隙間に収まるサイズ設計!

CLEAN BOXは手軽に引き出せる便利なキャスター付き。筐体のサイズは、一般的な70リットルゴミ箱よりも小さく設計したので、テーブルの下や、キッチン下の収納にも収められます。
インテリアを選ばない!
どこにでも置きやすいステンレス調仕上げ!

家中のどの部屋に設置しても、その空間に馴染むよう落ち着いたステンレス調に仕上げました。
ファンレスで省エネ!電気代は1日たったの9.2円!

家庭でのご利用の想定で、年間の電気代は3,362円(税込)ほど。1日たったの9.2円(税込)でゴミ捨ての嫌な臭いから開放されます。※高温の場所でのご利用や、庫内へ熱いもの入れ冷やすようなご利用を繰り返すと、電気使用量も増えるこ

タイトルとURLをコピーしました