東大進学率No.1、筑駒生が考案!知育カードゲーム「分数職人」を全国に届けたい!

東大進学率No.1、筑駒生が考案!知育カードゲーム「分数職人」を全国に届けたい!
僕達は今、 多くの小学生に算数の面白さを知ってもらいたいという思いで算数の知育カードゲームを開発しています。ですが、どうしても作成費用が足りません。 みなさんぜひご支援よろしくお願いします!

はじめに

はじめまして!

小学生向け算数知育ゲーム「分数職人」のクラウドファンディングページをご覧いただき、ありがとうございます。

僕は現在、東京都にある筑波大学附属駒場高校(筑駒)に通いながら株式会社JPjoyのメンバーとして活動をしています。

JPjoyは「一日一日を楽しく、日々にワクワクを」という理念を掲げて、去年の3月に中学生6人組で立ち上げた会社です。現在は戦国時代をモチーフにしたボードゲームを販売しています!

突然ですが、皆さんに質問です。皆さんにとって「算数・数学」ってどんなものでしょう。これがどう実際の生活に結びつくんだろう、とか、なんでこんなことやらされてるんだろう・・・って思っていた人も多いのではないでしょうか? しかし、いざ大人になってみると買い物をするとき、家計簿をつけるとき、時間など、「数字」というのは日常のあらゆるところにあふれています。

今回はその基礎となる「算数を小学生たちに楽しんで学んでもらいたい!」という思いで、最初につまずきやすいと言われている分数を扱った「分数職人」という知育カードゲームを開発しました。

皆様にこのプロジェクトへ興味を持っていただき、そして共感と応援をしていただければ本当にうれしいです!
「分数職人」ゲーム内容

プレイ時間:約10分

プレイ人数:2~4人

ゲーム内容はいたってシンプル。
とにかく分数を作りまくるんです!

サイコロを振って出た目を分数カードで表します。そこに「×(かける)カード」、「何にでもなれるカード」、「ハプニング」などを入れることで、より楽しくゲームを通して分数を学べるような工夫がしてあります。

たくさんの分数を作成して数字に触れてもらうことで、つまずきやすい分数を自然と理解、克服し、算数って本当は楽しいんだ!ということに気付いて欲しいと思っています!

この商品は小学生対象として考案したのですが、高校生の僕たちがやっても楽しいゲームとなっているので、ぜひ多くの方々にプレイして楽しんでいただきたいと思います。
このゲームが生まれたきっかけ

(↑テストプレイ時の様子)

私たちメンバーの多くは中学受験を経験し、そこで最も重要視される科目は算数だと肌で感じました。さらにその中でもつまずきやすいのが割合です。

小学生にとってはとても理解するのが難しい分野だと思います。そんな割合と密接に関わっている「分数」を頭で考えて解くのではなく、「感覚」として自然と身に付けて解いていく、僕が自分自身の経験から学び制作したカードゲームがこの
「分数職人」

なんです!

こんなのがあったらよかったな…という自分の思いを詰め込んだカードゲームとなっています!

新型コロナウイルスで外出自粛が続く中、ぜひおうちで「分数職人」で学びを楽しんでほしいと思います。
テストプレイの感想

テストプレイをしてくださった方々に感想をいただきました!

「カードを一気にたくさん使えたときは嬉しかった!はやく買って学校に行って友達とやりたい!」

(小学5年生 男子)

「普段勉強を嫌がる息子が、楽しそうに何時間も遊んでくれました。」

(保護者の方)

ご感想いただきありがとうございました。
資金の使い道

現在「分数職人」は制作費用が足りず、多くの個数を生産することができません。そこで、より多くの皆様に広めるために、皆様の資金は下記の通りに大切に使わせていただきます。

製造費 40万円

広告宣伝費 10万円

デザイン費 10万円

ショップ開設費 30万円 

以上必要

タイトルとURLをコピーしました