ウガンダのシングルマザーに雇用を!Mwambale・フェアトレードブランド

ウガンダのシングルマザーに雇用を!Mwambale・フェアトレードブランド
ウガンダ発フェアトレードアパレルブランドMWAMBALE。新型コロナウイルス感染拡大により職を失ったウガンダのシングルマザーに雇用の機会を与え、日本や世界の人々にアフリカ布を使った服や小物を幸せと共に届けします!

はじめまして。

Mwambale African Fashions (ムワンバレ・アフリカンファッション)のセノガ・パイアスと森本小夏と申します。

私たちは、2020年の新型コロナウイルスの感染拡大によって、世の中が暗くなっているところに、どうにかして「明るくカラフルなプロジェクトを!」と思い、色とりどりなアフリカ布を扱ったフェアトレード・ファッションブランドの立ち上げを決めました。

ウガンダのシングルマザーの雇用機会を増やし、オンラインで、日本をはじめとする世界の方々に色鮮やかなアフリカ布を使った服や小物を販売することで、「少しでも多くの人に幸せに、明るい気持ちになってもらいたい」そんな気持ちのこもったプロジェクトです!
セノガ パイアス

Mwambale African Fashions (ムワンバレ・アフリカンファッション)代表を務める、セノガです。私はアフリカのウガンダ出身で、大学に入学するまでは、私を含めた姉と兄と母の4人でカンパラ郊外の小さな町で暮らしていました。

私の母は女手で一つで私たち兄弟を学校に行くための費用や日々の食費のために必死に働いてくれ、1部屋約2000円(日本円で)の小さな家で育ててくれました。

(左から:兄、姉、母、自分)

2014年に日本の大学へ入学する為の奨学金に合格し、来日しました。日本で生活しているうちに、アフリカから来たことに対し、「可哀そう」などというような印象を持たれていることが多く、日本での「アフリカ」に対する印象がいかに偏っているかを身にしみて感じました。

こういったアフリカのイメージを変えるべく、大学時代には、大学や自治体、地域の小・中学校と協力をし、アフリカのダンスや音楽、伝統的な服を紹介する様々なイベントやレクチャーを企画し、アフリカ文化を発信し続けました。

(2015年東京にて友人とアフリカ文化のイベントを企画した際の写真。本人:右端)

(地域の中学校にてウガンダについてのレクチャーをした際)

(宝塚市主催「第13回 国際交流フェスタ」にてウガンダについてのレクチャーをした際)

数多くの企画したイベントを通して、私はアフリカの色とりどりなファッションが好きになりました。大学卒業後に関西で行われた、アフリカンイベントのファッションショーでサプールモデル(アフリカンファッションモデル)を務めた経験を通し、「アフリカンファッションを広めたい」という想いが日を追うごとに強くなりました。そして、こういった経験から、将来は「アフリカの文化を発信しながら、社会に貢献したい」と非常に強く思うようになりました。

ウガンダでは、2020年の新型コロナウイルス感染拡大により、ロックダウンがされ、ウガンダの日雇い労働者は職を失い、更に貧困状態に陥った家族が非常に多く増えました。幼いころから母の苦労をした姿を見ていたからこそ、母のようなシングルマザーの雇用機会を増やしたいと強く考えるようになりました。

だから今こそ、アフリカのシングルマザーと共にプロジェクトをはじめる時だと思い、このプロジェクトを始めることに決めました。
森本小夏 (モリモト ショーナ)

セノガと共にMwambale African Fashions (ムワンバレ・アフリカンファッション)代表を務める、森本です。私は大学では、国際貢献とジェンダーについて勉強をし、大学卒業後は、スペインに移住し、ただただ、旅行に行くことだけを考えて過ごしていました。

そんな生活を過ごしている中、大学時代の親友セノガから、「私の母国ウ

タイトルとURLをコピーしました