大切に育てた和牛のホルモンがピンチ!超新鮮ホルモンカレーを開発して生かしたい!

大切に育てた和牛のホルモンがピンチ!超新鮮ホルモンカレーを開発して生かしたい!
コロナ禍による飲食店の営業停止や時短で、上質なホルモンが大量に行き場を失っています。全国から良質な和牛が集まる京都で、食肉の卸売りを担う「京都食肉市場」では、この超が付く新鮮で質のいいホルモンを、なんとか生かしたいという思いで、「ホルモンカレー」を開発することになりました。

ご挨拶

はじめまして。

「京都食肉市場」は、京都市にある食肉専門の中央卸売市場です。

強い信頼関係のある全国の生産者から、丹精込めて育てられた良質な牛や豚を集め、世界最高水準の衛生管理のもと、熟練の職人技で食肉に加工しています。

高い品質と信頼を備えた安心安全な食肉は、「京都食肉市場」ブランドとして、レストランや高級肉料理店、精肉店などを通じて、お肉好きの方を中心に厚い支持をいただいてまいりました。

ところが、今般のコロナ禍の影響で在庫が過剰になり、特に焼肉店やもつ鍋店での消費が大半を占めてきた牛ホルモン(内臓肉)については完全に行き場を失ってしまい、困り果てております。

この行き場を失ったホルモンたちを生かすため、おいしいホルモンカレーを開発し、ご家庭で食べていただきたいと考え、今回のプロジェクトを立ち上げました。

私たちは食肉のプロですが、製品づくりは初めてのチャレンジです。

ノウハウも販路もない中で、手探りでプロジェクトをスタートしました。

このプロジェクトを多くの方に知っていただき、できあがったカレーを通じて、もっとご家庭で身近に、新鮮なホルモンのおいしさを味わっていただけるようになればと願い、懸命に取り組んでおります。

リターンはもちろん、できあがったホルモンカレーです。

どうぞ、皆様のあたたかいご支援を、何卒よろしくお願い申し上げます。

京都食肉市場

京都食肉市場
京都食肉市場は生体の牛・豚をと畜解体し、枝肉はせりにかけ、内臓は定価販売にて卸売している会社です。牛・豚とも部分肉加工サービスをしており配送も致します。牛・豚内臓の研究用検体も取り扱っております。平成30年度には最新HACCP対応の衛生的な新施設が完成し、輸出認証のトップであるFSSC22000を取得する予定です。対米...

私たちの商品のこだわり

 京都食肉市場で扱う牛は、年間およそ1万1千頭。良質な黒毛和牛や国産牛が主体で、脂のりの良くないホルスタインなどはほとんど取り扱いがありません。

今回のホルモンカレーに使う素材は、関西では「ホソ」と呼ばれる小腸部分で、職人が目利きした上質なものだけを使います。

さばいてすぐに徹底的に洗浄して、その場で冷却するので臭みもなく鮮度抜群。

塩焼肉で食べたくなる、プルップルつやつやの自慢のホソです。

この自慢のホソを使い、味噌や赤ワインなどを隠し味に、コク深い何度も食べたくなる中辛カレーに仕上げる予定です。

ホルモン好きの方はご存知のことと思いますが、ホソの魅力といえば、クニュクニュッとした独特の食感と、熱を加えるととろけ出す脂の甘みと旨みです。

リターンのご紹介

こちらは試作中のホルモンカレーです。

もっとホソをゴロゴロさせたいのですが、製造過程で使う機械の関係で、どうしてもこれ以上大きくカットできません。

悩ましいところです、、、。

開発はまだまだ途上。開発が進んだら、こちらでもご報告させていただきます!

京都食肉市場ブランド直送 牛ホルモンカレー(200gレトルトパック、箱入り)

お試し2食分 1,745円(680円×2、送料385円)

5食分  4,000円 ← (680円×5、送料1,040円)4,440円のところ

10食分  6,900円 ←(680円×10、送料1,040円) 7,840円のところ

15食分  10,000円 ←(680円×15、送料1,260円) 11,460円のところ

※送料込み

※2食分のセットはメール便でのお届け予定です。

・名称:カレー

・原材料名:牛小腸(国産)、カレールー、ソテーオニオン(玉ねぎ、食用油脂)、カレー粉、砂糖、食塩、味噌、赤ワイン/増粘剤(加工でんぷん)、着色料(カラメル)、調味料(アミノ酸等)、酸味料、(一部に乳成分・小麦・牛肉・大豆・豚肉・鶏肉・りんごを含む

タイトルとURLをコピーしました