認知症高齢者も働いてええやん♪逆転発想のキッチンカー出店で大阪を盛げ上げたい!

認知症高齢者も働いてええやん♪逆転発想のキッチンカー出店で大阪を盛げ上げたい!
「てへぺろキッチンカー」はコロナで疲弊した大阪を元気にします!コロナ禍でダメージは受けたけど、間違いなく美味しい地域の飲食店のお弁当。それを売るのは認知症高齢者!速くはない、間違えるかもしれない、でもそんな売り子を否定しない、そんなあなたと温かい街づくりがしたい。イベントカー製作のために初挑戦します

はじめに・ご挨拶

このページをご覧いただき、ありがとうございます。

「てへぺろキッチンカー~まちがいか許されるお弁当屋さん~」プロジェクト代表の中川春彦といいます。

大阪市此花区にある特別養護老人ホーム、ラヴィータ・ウーノで施設長をしています。

少しだけ自己紹介を。

高校生の時に祖母が認知症になり、自宅で母と介護を始めました。大変なことも色々あったのですが、認知症になってからの祖母の日々の言動に、ボケるって凄いな、うちの婆ちゃんは世界一可愛いな、と思い、福祉の道を志して20年以上が経ちました。

施設での日々の介護の仕事に加え、どうすれば認知症になっても、体が不自由になっても、住みやすい街が作れるのか、を日々夢想し動き続けることもライフワークとしてきました。
このプロジェクトで実現したいこと

コロナ禍でダメージを受けた飲食店の話を、地域でもよく見聞きします。

私がずっとたずさわってきた介護の仕事と、日々関わってきた認知症を抱えていたり、体が不自由な高齢者の方々。

介護が必要になるとマイナスの存在に見られがちですが、私は彼ら彼女らに潜在的な大きなプラスの要素がある、と思い続けてきました。

マイナスと捉えればマイナス面がさらに目立ち、プラスと捉えればプラスの面がさらに出てくる。

大切なのは捉え方であり、関わり方。

彼ら彼女らの存在を介護によって成り立たせているつもりが、彼ら彼女らによって私の存在が成り立たせてもらっていると感じることもよくありました。

(コロナ禍の飲食店)×(要介護高齢者)

普通に考えればマイナスの要素しかなく、何の価値も生み出さない、と考えられるかもしれません。

でも、私はそこに疲弊した町を活気づける魔法の方程式を見出しました。

それを納得して頂くには説明が必要だと思います。少し私の話にお付き合いください。
私たちの地域のご紹介

大阪市此花区で有名なものと言えば、何と言ってもユニバーサル・スタジオ・ジャパンでしょう。

コロナ前は入居者の方々と一緒に遊びに行くこともありました。

それ以外で全国的に知られているものと言えば、ロックフェスが開催される舞洲(まいしま)くらいでしょうか。

それ以外の場所は、都会でも田舎でもない、大阪の下町というのがぴったりの町で、人情味溢れる町。

私自身は此花区出身ではないのですが、仕事で通うようになって、丸18年。職場である特養ホームと地域との交流も徐々に深まり、大規模な盆踊り大会にたこ焼き屋を出店させてもらったり、お宮さんの獅子舞に逆に施設に来てもらったり。

地域のご飯屋さんで入居者の方々と飲食することもよくありました。

施設に入っても地域の一員。

そんな思いで下町での介護を日々繰り広げていました。
プロジェクトを立ち上げた背景

今回の私たちの挑戦の内容を説明する前に、まずは「てへぺろキッチン」の説明をさせて頂きたいと思います。

2017年9月に東京で「注文をまちがえる料理店」というイベントが開催されました。認知症を抱えた方たちがホールスタッフを務める、東京南青山のお洒落なレストランでのイベントで、クラウドファンディングで1300万円を集めたことでも注目されたビッグプロジェクト。

てへぺろキッチンはこのイベントを、大阪市此花区内のおしゃれな海辺のレストラン「Garden Terrace 舞洲キッチン」で、あえてクラウドファンディングではなく、顔の見える関係性の中で、様々な支援を受けながら実現させたイベントです。

ホテルロッジ舞洲の1Fが
Garden

タイトルとURLをコピーしました