移住と農業を組み合わせた新しい形のサッカークラブを始動させたい!

移住と農業を組み合わせた新しい形のサッカークラブを始動させたい!
スポーツを通じた地域創生のモデルケースを作るべく、「サッカークラブ×移住×農業」をテーマとしたサッカークラブ「南紀オレンジサンライズFC」を2022年より和歌山県に設立します!たくさんの方に地域の魅力を届けられるようなクラブを目指します!

プロジェクトページをご覧いただき、誠にありがとうございます。南紀オレンジサンライズFC代表の森永純平と申します。

南紀オレンジサンライズFCは「サッカークラブ×移住×農業」をテーマに、2022年より和歌山県で活動を予定しているサッカークラブです。

ホームページ:https://nankifc.com/

和歌山県のみなべ町と田辺市は梅の生産地として知られ、平成27年12月には世界農業遺産に認定されています。
しかしながら、他の地方と同様にそういった梅農家でも高齢化や後継者問題に直面しているという現状があります。
その中で、和歌山県外から移住をしてきた選手・チームスタッフが、サッカーだけでなく農業を中心とした仕事に取り組んでいくことで、サッカークラブとして新たな存在意義の創造を行います。

※和歌山県ホームページ(https://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/070100/toukei/nourinsuisan30.html)より引用

この度、
・移住と農業を組み合わせたサッカークラブの可能性を多くの方に知ってもらう
・南紀オレンジサンライズFCが携わっていく地域の魅力を発信する
・クラブの運営資金の確保(荷物車の購入、ユニフォームの製作、サッカー協会への加盟登録料など)
を目的として、クラウドファンディングを実施いたします。

<南紀オレンジサンライズFCのスタッフ・選手紹介>

※和歌山県ホームページ(https://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/020300/kids/wakadata/jinko.html)より引用

南紀オレンジサンライズFCが現時点で達成したいと考えている、始動後5年以内での中期的目標は以下の通りです。

①関西サッカーリーグへの昇格
クラブの考え方として、現場に対して結果を強く求めることはなく、むしろ現場の結果で周辺地域からの評価が変わるような状況は好ましくないと思っています。
理想は勝っても負けても応援されるクラブで、何よりも重要なのは普段からの地域に対する活動の積み重ねです。
しかしながら、クラブを通じて地域の魅力を発信していくというのも重要なので、まずは5年の間に関西リーグまでは到達することを目安にしていきます。

②セカンドチームの設立
入団してもらう選手には長くプレーをしてもらいたい想いがある一方で、その状況が続くとレギュラーが固定されてしまいます。
そこで、トップチームが「和歌山県社会人サッカーリーグ1部」に昇格したタイミングで、新しくセカンドチームを設立する予定です。
トップチームとセカンドチームの間で選手の入れ替えを行う形で、競争意識が芽生えるようにしていきたいと考えています。
また、クラブとして県外からの移住者を増やしたいという想いもあり、その受け皿となるチームが欲しいというのもセカンドチーム設立の理由の一つです。

③育成年代(中学生)のチーム設立
サッカーは日本の中でメジャーなスポーツになりつつあるものの、地方に行けば行くほどサッカーが出来る環境がない地域もたくさんあります。
「みなべ町」もその一つです。和歌山県と言えば野球が盛んということもあり、規模的には小さい町ながら、野球場はいくつも存在しています。
その一方で、みなべ町の中学校と高校にはサッカー部がなく、中学生以上でサッカーを続けたい人は別の市町村まで行く必要があります。
そこで、みなべ町を活動拠点の第一候補として、まずは中学生年代のチーム(ジュニアユース)設立に向けて動

タイトルとURLをコピーしました