奄美大島で一日一組限定の《泊れるコーヒーホテル》をオープンしたい!

奄美大島で一日一組限定の《泊れるコーヒーホテル》をオープンしたい!
奄美大島で、ほっと一息くつろぎの時間を過ごせる『とよひかり珈琲店』を創業してから丸3年。手つかずの状態だった店舗1階奥と2階部分を改修し、「島の暮らしと訪れる人の時間をブレンドする一組限定の珈琲宿『14hikari coffee inn(トヨヒカリコーヒーイン)』」をオープンします!

大切な人と、旅に出たい。
❝島の暮らし❞と❝大切な人との時間❞を
ブレンドする

泊まれる コーヒーホテル 始めます。

こんにちは。このページへ足をお運びいただき、ありがとうございます。

とよひかり珈琲店代表の浅尾朱美(あさお あけみ)と申します。

2017年11月に鹿児島県の離島、奄美大島にある小さな村「宇検村(うけんそん)」で自家焙煎の珈琲豆の販売とカフェ・バーを営む、とよひかり珈琲店を創業しました。

当店の店舗づくりは、2016年の春、築50年弱の民家の中を片付ける作業から始まりました。

大家さんをはじめ、地域の方々、遠方からかけつけてくれた友人、地元の大工さん、設備屋さん、電気屋さんと本当に多くの方々から協力していただき、出来上がった店舗のいたる所に、関わった方々との思い出が詰まっています。

珈琲店として創業後も、たくさんのお客様にお立ち寄りいただき、コーヒーの味だけでなく、居心地の良い空間にもご好評をいただき、「場」としての魅力を活かしたイベントやワークショップなども開催できるようにもなりました。

そして、いよいよこの2021年 夏。

とよひかり珈琲店は、これまで手付かずだった店舗の空き部屋を改修し、一日一組限定の珈琲宿「14hikari coffee inn」(トヨヒカリコーヒーイン )を併設するべく、一歩を踏み出しました。

この新たな一歩を踏み出すまでに、創業から3年半という時間がかかりましたが、そんな牛歩のような挑戦を、当店をご存知の方だけでなく、コーヒー好きの方々やシマ好きの方々、旅好きの方々など、未だ当店をご存知ない方々にも応援していただけたらどんなに心強いか・・・という想いで、クラウドファンディングのプロジェクトをスタートさせていただきました。
宇検村と「とよひかり」

とよひかり珈琲店がある宇検村は、奄美空港から車で2時間弱の南西部に位置しており、村内にコンビニはなく、信号は1か所だけ。訪れると昔懐かしい、何だかほっとする気持ちになる地域です。

そんな宇検村は全部で14つの集落からなる人口1700人ほどの小さな村です。

その14集落の中には、人口が30人しかいない集落や、子どもがいない集落もあり、過疎・少子化の影響を感じずにはいられない地域です。

しかし、宇検村はこの14つの集落があるからこそ宇検村。このゆるぎない14つの集落の大切さがいつまでも、続いて欲しい。と、ここに移住して一年を過ぎた頃から自然と思うようになり、そんな時に「とよひかり」という言葉に出会いました。

これが、とよひかり珈琲店の由来です。

とよひかり珈琲店 店主のブログより引用

とよひかり珈琲店 代表 浅尾 朱美 (あさお あけみ)

1987年 大阪市生まれ(祖父母が奄美出身)

2008年~2011年 専門学校を卒業する20歳まで大阪で育ち、その後全国各地で仲居業やネイチャーガイドを経験する中で、宿泊業の魅力に出会う。

2012年~2014年 南アフリカ共和国への留学後、青年海外協力隊で南米のエクアドルへ、ここで珈琲の魅力に出会う

2015年 帰国後にルーツのある奄美大島へ地域おこし協力隊をきっかけに移住

2017年11月 とよひかり珈琲店を創業
創業から3年、「珈琲を通じて、島の暮らしをほんのりと灯し、大切な人との時間を紡ぐお手伝いがしたい」と思うようになりました。

奄美大島は、自然や食、文化、言葉、人そのどれもが独特でとても豊かです。暮らしにもその豊かさが反映されていて、私自身奄美大島に移住して7年目になり

タイトルとURLをコピーしました