筋ジストロフィー「難病飛行」(蔭山武史著)映画化プロジェクト

筋ジストロフィー「難病飛行」(蔭山武史著)映画化プロジェクト
全身の筋肉が徐々に衰えていく病気「筋ジストロフィー」という難病になっている蔭山武史が挑む、自身の著書「難病飛行」の映画化プロジェクト

筋ジストロフィーという難病を患いながらも前向きに生きている姿は心の奥にグッと染み込んできます。
何よりご家族が本当に前向きで素敵です
みんな諦めてないその強さがどこからくるのか?すごいです。  
映画監督 山崎貴『ALWAYS 三丁目の夕日』

● はじめに・ご挨拶

みなさま、こんにちは、蔭山武史です。

私は、デュシェンヌ型筋ジストロフィーという病気を抱えており、また、気管切開をしており、呼吸器をつけて寝たきりです。
寝たきりですが、夢をもって前向きに生きています。
私は、これまで、イベントの企画、作詞、自作の曲のCD製作、そして、書籍「難病飛行」の出版、その舞台化と様々な夢を実現してきました。
また、私は、幼い頃から、いつも映画に励まされてきました。
夢・愛・希望・勇気を感じさせられています。
内容を思い出すたびに、その頃の自分がどう生きていたかを思い出します。
映画は、私にとって、宝物のような存在です。
そのような映画を私も作ってみたいと思いました。
そう、次の私の夢は、
観た人に希望を与え、励ますことが出来るような、そんな映画の制作、著書「難病飛行」の映画化です。
亡き母も最後まで楽しみにしておりました。
ぜひ、映画作りをご一緒に楽しんいただけましたら嬉しいです!
その願いを込めて皆さまへ、この映画作品の製作へのご支援をお願いいたします。

● このプロジェクトで実現したいこと

著書「難病飛行」の映画化を実現したいと思っています。

● プロジェクトをやろうと思った理由

「筋ジストロフィー」という言葉を聞いて、皆さんは、どのようなものを想像しますか?
おそらく多くの方が、詳しい症状を知らないと思います。
この映画では、まず、「筋ジストロフィー」がどのようなものであるか、知っていただきたいと思っています。
また、NPPVという、気管挿管なしに行う人工呼吸法も知っていただきたいです。
そして、私がどのようにして生き、それから、どのようにして夢を実現してきたか、
そこから、多くの方々に、希望を与えたいのです。
障害のある方だけでなく、さらに健常の方にも、勇気を与えられるような、
そして、笑って楽しんでもらえるような、そんな映画を作ろうと思っています。
● 【プロジェクト代表・企画・原作】蔭山武史

昭和51年6月28日、大阪府豊中市生まれ。
5歳で全身の筋肉が徐々に衰えていく病気「筋ジストロフィー」と診断される。
10歳で三田市の兵庫筋ジス病院に入院、上野ヶ原養護学校に転入して小学部・中学部・高等部に通う。29歳で肺炎を患い、気管切開を行って以来声を失う。
31歳の夏、新たな治療(QOL)を求め徳島筋ジス病院に転院。
現在は24時間呼吸器をつけて寝たきり生活を送っているが、わずかな力で操作できる特殊なマウスを使い、パソコンを活用。映画館やDVDで見た映画の内容と感想をブログに書き続けている。
● 資金の使い道

皆さまにご支援いただきました資金は、以下の費用として大切に使用させていただきます。

*目標額に達成しない場合は、規模を縮小して撮影を行います。リターンもございます

①プリプロダクション費(ロケハン・取材費・脚本・オーディション会場費など)
②撮影費(撮影照明機材費・衣装メイク費・美術費・車輌費など)
③ポストプロダクション費 (編集・CG・音楽・仕上げ費など)
④CAMPFIRE手数料
※支援金が余った場合、全て映画の製作費や出演者の出演料等として充てさせていただきます。
●実施スケジュール

現状のコロナ禍の状況を鑑

タイトルとURLをコピーしました