冒険しよう!ゆふいん温泉から秘境「由布川峡谷へ」

「冒険しよう!ゆふいん温泉から秘境「由布川峡谷へ」」 | WonderFLY-ANA Crowdfunding-
光舞い降りる神秘の「由布川峡谷」を世界に発信したい!

*完売した梨ドライフルーツを5個限定で追加*
*激辛!青とうがらし一番!7セット限定リターンに追加*
*由布市特産品トウガラシ「旨辛三種セット」5セット限定追加*
プロジェクト概要

大分県由布市と聞くと、「ゆふいん温泉」のことをご存知の方は多いと思います。でも、そこから車でたった20分で行ける「由布川峡谷」をご存知の方は少ないのではないでしょうか。

「由布川峡谷」は、東洋のチロルとも呼ばれる神秘的な景観を持つ美しい峡谷です。

秘境・由布川峡谷

これが、まさに由布市が抱える問題で、観光で訪れる多くの方が、「ゆふいん温泉」の一部のみを見て帰ってしまい、近隣地域に足を運ぶことがほとんどありません。そのため、同じ市内でも里山地域では過疎化が進み、耕作放棄地が増え、美しい里山の風景が失われようとしています。

「ゆふいん温泉を訪れる方に、由布市内を広く循環していただき、里山の地域活性化に繋げたい!!」

との想いで、私たちが開発したのが、「由布川峡谷パックラフトツアー」です。
パックラフトとは?

パックラフトとは、アラスカが発祥の小型のゴムボートです。カヌーより軽くコンパクトで、縮めるとバックパックに入れ担ぐこともできます。初めての方でも、ガイドの講習を受ければ、その日のうちにある程度の操作が出来るようになります。

パックラフトに試乗する由布高校生

この日本ではまだ珍しいパックラフトを利用すれば、浅瀬ではパックラフトを担ぎ、水深が深い場所ではパックラフトに乗って移動できます。パックラフトを使えば、今迄立ち入ることが難しかった由布川峡谷の奥にある、神秘的な景観をご覧いただけるのです!

(どんな景色が見れるのか、ぜひ冒頭の動画をご覧ください!!)

神秘的な由布川峡谷の奥へといざなう パックラフト

私たちは、由布市役所、及び、農泊を推進する由布市グリーンツーリズム研究会と協働でこのツアーを考案し、地域の観光協会、旅館組合、漁業組合、土木事務所とも、連携を取れるよう主旨説明の上、2020年10月にモニターツアーを終了させたところです。

由布市グリーンツーリズム研究会の皆さん

由布市グリーンツーリズム研究会の皆さんは、農村里山の風景を守るために農村民泊を推進しています。今後はパックラフトツアーのアシスタントガイドにもなっていただく予定です。

モニターツアーでは、県内の観光事業に関わる約50名の方に参加して頂きましたが、「由布市に住んでいても、こんな風景が身近にあるとは知らなかった。」「これこそ非日常を体感できるツアー!」と大好評でした。

2020年10月 モニターツアー参加者
廃校・朴木小学校について

パックラフトの拠点としては、由布川峡谷の近くにある廃校「朴木小学校」を一部改装して使うために、準備を進めています。廃校「朴木小学校」は、オレンジ色の屋根や木製の靴箱を備えていてなんとも言えない可愛らしい建物です。

廃校・朴木小学校と朴木地区の女性グループ「朴葉の会」 廃校・朴木小学校と朴木地区の女性グループ「朴葉の会」の皆さん

建物そのものが、昭和レトロな美術館のようで、このまま人の目に触れることなく、だんだん使われなくなってしまうのは、もったいない場所です。地域の皆さんや卒業生は、なんとかこの場所を維持したいと考えていて、私たちもその想いに賛同し「新たに人が集う機会をこの場所に創り出したい。」と思っています。

しかし、シャワー設備や綺麗なトイレ設備がないので、モニターツアー参加者から改善したほ

タイトルとURLをコピーしました