【奈良シカない女子マラソンチームの挑戦】

【奈良シカない女子マラソンチームの挑戦】
「女子マラソンで奈良を元気に!県記録更新!そして国際大会へ!」女子マラソン強化に特化した全国初クラブ型実業団チームの挑戦。選手は全員フルタイム勤務。仕事100%・競技100%の両立。女子選手特有の問題「結婚出産後」も競技を継続できる環境づくりを目指す。奈良の良い所を全国にアピールしたい!

◆はじめに・ご挨拶

NARA-Xアスリーツは、前身の2017年創部NARA-Xランニングクラブから分社し、女子マラソン強化に特化したトップチーム運営を目的に2019年1月に設立された合同会社です。

代表は監督も兼任する行政書士開業15年の大歳研悟。
現役士業が運営する全国初のトップチーム。

現在の所属女子アスリート選手は2名。
スタッフ・コーチ兼任男性選手が2名。
監督1名の合計5名体制。

チームキャッチフレーズ

 シルクロードの終着駅「奈良」から世界へ!

チームカラー

 奈良県花「八重桜」を輝かせたいより「フラッシュピンク」
 トルコ石を表すカラーからシルクロードを連想「ターコイズブルー」
◆このプロジェクトで挑戦したいこと

 ★ 奈良から国際大会を目指せる女子マラソン選手を育成する

 ★ フルタイム勤務アスリートでも国際舞台で戦える選手を育成する

 ★ 女子選手特有の「結婚・出産」後でも競技を続けられる環境づくり

 ★ NARA-Xアスリーツを通して「奈良」に興味を持ってもらうこと

フルタイム勤務の選手がトップ実業団チームの選手と互角に戦えたら面白いと思いませんか?
出産後に復帰した選手がトップ実業団チームの選手と互角に戦えたら面白いと思いませんか?

ものすごく夢のある話だと思いませんか?

NARA-Xアスリーツは、フルタイム勤務ということもあり、通常のスポーツチームよりも庶民的な側面が強いチームだと思います。地元の商店街やお店のみなさまにもたくさん応援いただいています。

何もなければつながらなかった「縁」

とくにこの1年はコロナ禍ということもあり、今までならつながることもなかった皆様と多く接する機会が増えてきました。そして応援していただける方も増えてきました。そういう方々にも恩返ししたい。

ファンのみなさまと給水ボトルを一緒につくるイベント(地元カフェとコラボ)

「女子マラソン」「女子陸上」というキーワードで偶然、NARA-Xアスリーツの活動にたどり着いた方が、NARA-XアスリーツのSNSで日ごろから発信している「奈良の情報」を偶然みる機会ができ、たまたま「奈良」に興味をもっていただければ・・・。いままでつながることがなかったであろう皆様と「奈良」というキーワードでつながることになります。

私たちが全力で走れば、必ず巡り巡って「奈良」のみなさまにお返しできる。

1人でも多くの「奈良のファン」を増やしていきたい!
◆私(大歳)がマラソンと出会ったきっかけ

大歳研悟監督

 小学生のころ、イジメに悩み自殺も考えていた時、担任の女性先生が「明日から朝一緒に走ろう」とい う言葉をきっかけに走り始める。当時、勉強もスポーツもパッとしない目立たない存在でしたが、気が付けばマラソンはクラスでトップクラスになっていました。

  「自分の居場所が見つかった」

 マラソンに出会ってなければ、すでになかったかもしれない命。

  「マラソンに恩返ししたい」

 人生を賭けてマラソンに恩返しをしたいと思います。
◆なぜ奈良なのか?

世界遺産 春日山原始林での練習

奈良県には実業団チームが存在していなかった。活性化するためには受け皿が必要である点。
奈良県から国際大会で活躍できそうな選手はでてきています。残念ながら受け皿がなく、県外チームにでていっています。結果として、地元中高生と接する機会が減り、「陸上競技への憧れ」は薄れてしまいます。
また、県内競技会においても、実業団選手と接することができず、レベル自体も、

タイトルとURLをコピーしました