ピカソに未来を託された画家、松井 守男の著書&“本物のアート体験”を届けたい!

ピカソに未来を託された画家、松井 守男の著書&“本物のアート体験”を届けたい!
ピカソに未来を託された日本人画家、松井 守男画伯の著書『夕日が青く見えた日~ピカソが未来を託した画家』&「本物のアート体験」を全国の方へ届けたい!今の日本の“経済”“教育”に革命を起こすべく、多くの方に「良質な知識×本物のアート体験」から予測不能な世の中の流れに負けない力をもっていただきたい!

はじめに・ご挨拶

はじめまして。

フローラル出版代表を務めている津嶋栄と申します。

この度、「パブロ・ピカソの認めた画家」「フランスの至宝」と称される松井 守男画伯のアーティストとしての経験と知識を詰め込んだ書籍

『夕日が青く見えた日~「ピカソが未来を託した至宝」が語るビジネスを覆す一流のアート思考~』

こちらを発売させていただきます。

この書籍を多くの方に手に取っていただきたい!

そしてピカソが認めた「光の画家 松井 守男」画伯のアートを体験していただくことで、今の日本の“経済”“教育”に革命を起こしていきたい!

この思いを実現させるために、皆様にご協力・ご支援していただきたく今回のプロジェクトを立ちあげました。

書籍では“知識”を。

合わせて、

本物のアートの“体験”を。

知識をより深めて、本物のアートを体験していただきたくリターンを用意させていただきました。

ただ書籍を広めていくだけではなく、

「優良な知識×本物の体験」

これこそがこれからの時代に本質的な結果や成果を生み出していただける切っ掛けとなると考えています。

蛇足となるかもしれませんが、私個人の思いとして。

書籍の取材時、単純に松井 守男画伯の人生の物語、経験、知識、人柄に引き付けられ常にドキドキしていました。

それは何億もの価値を持つアートを生み出す画家からの権威を感じたからではなく、1人のアーティストの思考、物の見方、考え方、作品に触れる事で自分の中に沸き起こる創造力をかき立てられたからこそなのです。

この体験を、そしてこの体験を通して生み出した知識の集合体となった書籍をどうしても多くの方に届けたいと思ってしまったので、このプロジェクトは何としても成功させたいんです。

なので少しでも興味・関心をもっていただけるのであれば、プロジェクトの成功のために皆さまのご理解、ご協力、ご支援いただきたく思います。
このプロジェクトで実現したいこと

日本の“経済”“教育”に革命をなどと大げさな、と思うかもしれません。

2020年から今に至るまで、コロナの影響によっていや応なしに立ち止まることを余儀なくされたり、変化する事が必要となったりと社会全体に影響が出ました。

明確に先が見えない状況に不安やストレスが生まれています。

また、コロナの影響が収まったとしてもVUCA(ブーカ)※①の時代ですから「予測不能な状態」が続いていくでしょう。

ビジネスに携わる方であるなら、

・経営に悩んでいる。

・業績が伸びずに悩んでいる。

・先行きの見えない将来に不安を感じる。

こんな悩みが尽きないことと思います。

また、教育に携わる方、お子様を持たれている方であれば、

・先行きの不安な時代、子供達の将来を希望に満ちた世界にしたい。

・この先にどんな変化が訪れても生き残る力を備えさせてあげたい。

こんな思いを抱え、最適な方法や答えを求めていらっしゃるでしょう。

その答えがを導き出すすべが、今回の著書『夕日が青く見えた日 ~ピカソが未来を託した至宝が語るビジネスを覆す一流のアート思考~』に詰め込まれています。

“世界TOPクラス”の真のアートを生み出す、ピカソや松井画伯の持つ思考法。

その思考を元に、『アート×ビジネス』『アート×教育』を軸に、経済、歴史、思想、社会、テクノロジーを解説。

合わせて感性を言語化する方法、歴史背景から読み解く現在、マーケット価値を読み解く技法の解説も理解できるよう構成されています。

書籍を通しての知識、理解を深め

タイトルとURLをコピーしました