争いごとを「暴力」ではなく「スポーツ」で解決する令和の「ヒーロー絵本」を作りたい

争いごとを「暴力」ではなく「スポーツ」で解決する令和の「ヒーロー絵本」を作りたい
子供向け作品に登場する正義のヒーローでさえ、暴力的表現が問題視される現代社会。そんな昨今の風潮を鑑みて、「スポーツという平和的手段で争いを解決するヒーロー絵本」を描いてみました。ご協力、何卒よろしくお願い申し上げます。

はじめまして!ボク、ラガマル。
みんなからは「ラガマルくん」って呼ばれているラガ。
M87楕円銀河にある「楕円球」というラグビーが盛んな星からやってきた、スポーツ大好き宇宙人ですラガ。

今回、ボクは新たな「ヒーロー絵本」を作りたくて、クラウドファンディングに挑戦させて頂きますラガ。
つたない文章だけど、最後までご覧いただけますと幸いですラガ!

まず簡単に、ボクの自己紹介をさせて頂きますラガ!
ボクは2017年5月にデビューをした「ラグビー応援キャラクター」で、ラグビーの競技人口拡大、普及、人気向上を目標に、個人で活動をはじめた「非公式キャラクラー」ですラガ。
たくさんの方々に支えて頂き、今では東京の調布市や府中市の「ラグビー応援アンバサダー」としても活動させて頂いておりますラガ!

ボク自身は、大好きな「ラグビー」の普及活動がメインなんだけど、コロナ禍でスポーツ界が落ち込む今、ラグビーだけじゃなくて他のスポーツも盛り上げていきたい。メジャースポーツからマイナースポーツまで、あらゆるスポーツを応援していきたいと思うようになり、1月に「SPORA(スポラ)」というスポーツのキャラクター集団を立ち上げましたラガ。

SPORA公式サイト

この仲間たちと共に、日本のスポーツの振興に少しでも貢献できればと思い、現在微力ながら活動しておりますラガ。

日本は「アニメ文化」ということもあって、たくさんの伝説的なヒーローがおりますラガ。
どのヒーローも強くてカッコよくて、ボクの憧れの存在でもありますラガ。
でも「コンプライアンス」が厳しくなった現代。
「パンチ」や「キック」で敵をやっつけるという、従来のヒーローではごく当たり前だったことが、暴力的な表現だと捉えられ、子供の教育に良くないという話題が上がるようになりました。
時代の変化と共に、今までの常識が通用しなくなってきたと感じる一方、それなら「パンチやキック」で敵をやっつけるヒーローではなく、争いごとを「スポーツで解決させるヒーロー」がいれば、子供たちにスポーツの素晴らしさを伝えられるし「コンプライアンス問題」も解消できて一石二鳥ではないかと考え、ヒーロー絵本を作ることにしましたラガ。
ボク自身、はじめての絵本なのでわからないことだらけだったんだけど、子供たちに「暴力は何があってもしてはいけない」ということ、そして「スポーツは世界を平和にする力がある」ということを伝えられるように頑張って作ったので、是非たくさんの方に読んで頂きたいですラガ!

絵本の内容だけど、ご支援いただく前に下記のサイトにて公開させて頂きたいと思っていますラガ。

スポレンジャー ラガマルくん
スポーツキャラクターズ

もし、まだ読みたくないという方がいらっしゃいましたら、スルーして頂けますと幸いですラガ。

タイトル:スポレンジャー ラガマルくん
サブタイトル:こんなヒーローがいてもいいじゃない

※絵本の内容・デザインにつきましては一部変更になる場合がございます
※本作は「自費出版」にて製作させて頂く予定です
※続きはこちらをご覧ください

2016年9月 Twitterにて活動開始
2017年5月 三次元(着ぐるみ)デビュー
2018年6月 ラグビー応援アンバサダー@調布に就任
2018年9月 日本経済新聞に掲載
2018年12月 ラグビー応援アンバサダー@府中に就任
2019年5月 ラガマルくんのラグビールールブック製作・無料配布(府中・調布・三鷹 三市合同プロジェクト)
2019年9月 イギリスのBBCに掲載

タイトルとURLをコピーしました