若者を起点に次世代の日本を創りあげる、ホットスポットをつくりたい!

若者を起点に次世代の日本を創りあげる、ホットスポットをつくりたい!
【出会いから、志を挑戦に。繋がりから、挑戦を変革に。】日本を盛り上げる『ホットスポット』を形成するため、「東京」に共創の空間をつくるためのプロジェクトです。未来を変える出会いと繋がりをデザインし、可能性を秘めた若者を起点にすべての世代が集うホットスポットになります。ご支援よろしくお願いいたします!

プロジェクトまとめスライド

ミッションと意義

コワーキングスペースにて
ホットスポットを形成

こんにちは!

九州大学大学院修士2年の角です!

という想いから

若手社会人プラットフォーム『Plume core Tokyo(プルーム コア トウキョウ)』を創設しました。また、若手社会人を中心としたスタートアップエコシステムを活性化させる事業を行う会社を創業します。

そして、2022年2月に、新しい繋がりを生むコワーキングスペース『Plume core Spot(プルーム コア スポット)』をオープン致します!

今回は、この活動に共感し理想の社会の実現を加速させてくれる仲間を募るためにこのプロジェクトを立ち上げました。

プラットフォーム創設メンバー&プロジェクトメンバー

ーーなぜ若手社会人のホットスポットをつくろうと思ったのか。

きっかけは就活をしているときでした。

就活を続けていると何度も「世界の企業の時価総額ランキングについて30年前と現在を比較」した図を目にしました。

「失われた30年」 「ITでアメリカや中国に負けた」正直聞き飽きていました。

しかし、何度も聞いているうちに「これから社会に出ていく自分たちが意志を持って動かなければ、日本はどうなってしまうんだ」と漠然とした不安や当事者意識を持つようになりました。

じゃあ今の自分たちにできることは何だろう?

そう考えたとき、自分が持っているものの中で最も自信を持って言えるのは

でした。

これから社会にでて、それぞれが掲げる理想に向かって走り出す、意志のある同世代をたくさん見てきました。

そんな若手社会人がつながることで、新しい挑戦や価値を生み出すことができれば、この社会というシステムにおける「レバレッジポイント」になり得るのではないか、と感じました。

ーーいつの時代も、社会を変えてきたのは一部のホットスポットであるという仮説。

時代をさかのぼれば、アメリカの産業を引き上げたのは間違いなくシリコンバレーの存在だと思います。また日本でも一部の外資系コンサルティングファームやITベンチャーから起業家が立て続けに生まれるなど、才能が集結するホットスポットの力を感じています。

これが、私たちのミッションであり、『Plume core Tokyo』は新しい価値を生み出し続ける場所となります。

ーー現状、障壁となっていることはなにか。

たくさんの社会人の方にお話を聞いているうちに、いくつか共通項が見えてきました。

入社前に持っていた志や対外へのエネルギーが、入社後に時間が経つとなくなってしまう。

その原因として、社内での業務に追われ
・マインドシェアの大部分を短期的な事象に割いてしまう
・挑戦を自分の中で飲み込んでしまう
などが挙げられました。

しかし、そのほとんどが

ことで、防げるのではないかと感じました。

実際、いまでもクローズドな社会人コミュニティは存在します。
しかし、オープンで大規模、かつ入社前からつながりをつくれるプラットフォームはありませんでした。

ーー2021年7月に若手社会人プラットフォームを形成

上述した理由から、若手社会人のホットスポットを形成することを目的に、

を開始しました。

これまで短期間で、様々な同世代がミッションに共感し加入してくれました。

上記のように、様々な大学に所属し、様々な業界の企業に来年入社予定のメンバーが集まっています。

そこから、同じビジョンをもつ者同士が一緒に事業がつくりはじめたり、社会課題

タイトルとURLをコピーしました