ウイスキーブレンド体験専門店『長濱ウイスキーラボ』プロジェクト

ウイスキーブレンド体験専門店『長濱ウイスキーラボ』プロジェクト
滋賀県にあるウイスキー蒸溜所「長濱蒸溜所」がプロデュースするウイスキーブレンド体験専門店『長濱ウイスキーラボ』プロジェクトが始動しました!「ブレンディング体験」を通じて、全国の方々にウイスキーの魅力を伝えて参ります。

はじめまして!
私たちが「長濱蒸溜所」です!

長濱蒸溜所を運営する長浜浪漫ビールは、1996年、 琵琶湖の畔にある「長浜市」にて、 クラフトビール製造所として操業を開始しました。「出来立てのビールをお食事とともに愉しんでいただきたい」との思いから、併設するレストランでは地元の素材を使った料理をはじめ、様々なメニューを提供しております。

そんな中、2016年に「命の水」と称されるウイスキーとの運命的な出会いを経て「長濱蒸溜所」を設立、滋賀県では初となるウイスキー事業を開始しました。
世界的品評会で「日本最高賞」を受賞しました!

私たちがつくるウイスキーブランドのひとつに「AMAHAGAN(アマハガン)」があります。操業当時から様々なブレンディングを繰り返し、試行錯誤の末、2018年にシリーズ第1号となる「Edition No.1」をリリースしました。

そして、3作目となる「Edition No.3」は、世界的なウイスキー品評会の「World Whiskies Awards 2020」で、日本最高賞となる「Best Japanese Blended Malt」を受賞することができました。大変な栄誉に胸が震えたのを今でも覚えています。

現在は、5種類の定番商品をリリースしています。
「ブレンディング」への想い

ひとつの樽原酒だけをボトリングしたウイスキーは『シングルカスク』と呼ばれ、これは一期一会のウイスキーとなります。

一方、「ブレンデッドウイスキー」とは、複数の樽原酒同士を掛け合わせて味わいを均一化することにより、それぞれの個性を調和させたウイスキーです。

例えるならば「シングルカスク」はソロ演奏、樽の個性が際立ちます。対して「ブレンデッドウイスキー」はオーケストラ。フルートやトランペット、バイオリンの音色が重なることで、音に厚みが生まれ、深みも増していきます。ウイスキーにおけるブレンディングとは、まさにそのアンサンブルを最大限に輝かせるために行います。

このように「ブレンディング」 はウイスキーの製造において、非常に重要な工程のひとつであるものの 、蒸溜所見学やBARでのセミナーなどでしか体験できず、一般の方にとっては非常に馴染みの薄いものでした。

長濱蒸溜所では月に一度、「蒸溜体験ツアー」を行っています。見学とは違い、実際に目で見て触れて、製造工程を体験していただける内容で、非常にご好評をいただいております。

しかし、新型コロナウイルス感染症の影響により、最近は不安定な実施状況となっています。そこで、この最中にあっても、ウイスキーの魅力を少しでも多くの方に伝えたいとの想いから、 新たなチャレンジとして「長濱ウイスキーラボ」プロジェクトをスタートいたしました。

最終目標として「ブレンディング体験専門店」の出店を計画しています。まずは全国の皆さまとオンラインでつながることをメインに、滋賀からウイスキーの魅力を発信していければと考えていますので、ぜひともご協力をお願いいたします。

オンラインで「ブレンディング」の奥深さや原酒の持つ特徴を説明させていただきながら、五感を使ったブレンドをしていただき、オリジナルウイスキーを作成していただきます。

【体験キット内容】
①長濱蒸溜所産原酒(50ml)
②海外原酒3年熟成ブレンデッドウイスキー(200ml)
③海外原酒5年熟成モルト原酒(200ml)
④海外原酒8年熟成モルト原酒(200ml)
⑤テイスティングシート
⑥一醸一樽グラス(1脚)
⑦プラカップ
⑧ピペット
※上記は予定

タイトルとURLをコピーしました