新潟風物詩ももふくの甘酒や糀、米ぬかなど発酵食品で腸活そして健康を届けたい!!!

新潟風物詩ももふくの甘酒や糀、米ぬかなど発酵食品で腸活そして健康を届けたい!!!
新潟風物詩ももふくは、腸活と健康をテーマに甘酒や糀漬け、ぬか漬けなどの発酵食品を店舗やネット通販を中心に販売しております。今後、健康に配慮したレトルトなど新潟のお土産にも使える食品に取り組みます。そのための設備投資と運営費のご支援をお願い致します。どうか皆様の御協力を賜りたくお願い申し上げます。

はじめに・ご挨拶
新潟市はけやき通り、『新潟風物詩ももふく』代表の湯川 暁です。

1995年に大学を卒業し、新潟に帰郷。飲食店を開業して26年になります。
ももふくは完全予約制の和食店。昼はお食い初めや初誕生日、七五三、慶寿、ご両家顔合せといったご家族のお祝い、夜は接待や法人様のご宴席など御常連のお客様に支えられております。

現在、『腸活と健康』をテーマに新潟の多様な発酵食品を全国に広めるため、

甘酒、醤油糀、塩糀、酒粕と村上牛や鮭などの特産素材を使ったギフト商品をネット販売しております。

今後更に米ぬかを使った商品、またレトルト商品の開発などその幅を広げて行きたいと考えています。
ももふく通販サイト

これまで大きな波に揉まれながらもここまでやって参りましたが、コロナは最大の危機となっております。これからも続くコロナ禍、これから10年続けられるお店になるべく、新たな価値を創造したいと考えました。

CAMPFIREは2回目となります。
内容は大きくは変わりませんが、これからのももふくにとって必要な事を実現したく再度お願いに参りました。

これまでの商品に新たな商品を加えたリターンの構成になります。
初めてのクラウドファンディングサイト
まず発酵食品に興味を持ったきっかけは

子供が生まれてからです。そして仕事柄です。
最初は糀甘酒から始まりました。

子供が小さい頃は休みの日に好きなだけ遊べましたが、幼稚園に入ると土日祝に休み
が取れずなかなか遠出も出来なくなりました。帰りも遅いので、夕食も一緒には取れません。
小学校に入ればもっと遊べなくなりました。
考えた結果、早起きして朝食を作ることにしました。子供が5歳になった頃からで
す。最初はトーストと牛乳、フルーツを4~5種類盛合せから始めました。
それからヨーグルトも加わり、夏にはフルーツと一緒にスムージーにしたり。
フルーツも季節ごとにいちご、びわ、さくらんぼ、ブルーベリー、桃、ぶどう、西瓜、いちじく、柿、梨、林檎、みかんなど色々な物を試しています。

さくらんぼ狩り、イチゴ狩り、もも狩り、ぶどう狩りなどフルーツ狩りも行くようになり、スーパーには並ばない品種も多く、そうした発見はとても新鮮です。
朝食の内容も試行錯誤が続いています。家族の健康を守るため、朝食の役割を考え炭水化物の他、一日に必要なビタミン、ミネラル、カルシウム、鉄分と福福糀甘酒を中心に考えています。
トーストやお餅(お餅は腹持ちの良さと食べ易さから)牛乳、ヨーグルトは機能性などを考慮し種類を変えながら亜麻仁オイルをティースプーン1杯と福福糀甘酒を1杯そして蜂蜜で甘さを加えています。
ヨーグルトごとに善玉菌が違うので、出来るだけ違う種類のものを購入するようにしています。
亜麻仁はお腹の調子を整えます。蜂蜜は善玉菌のご飯になります。
糀甘酒は飲む点滴。消化吸収を助け、疲労回復効果、整腸、免疫力を高めてくれます。蜂蜜もドライブなど、産直や道の駅などに寄ると色々なもが手に入ります。
桜、藤など季節の蜂蜜を頂くのも楽しいです。
朝食作りから沢山の事を学びました。
福福糀甘酒のお陰か、子供はとても健康に元気に育っています。

生活のどこに福福糀甘酒を取り入れてもいいです。
お昼でも、おやつでも、お休み前でも。面倒ならスプーンのまま
朝に一口、夜に一口なめてもいいです。
習慣として無理なく毎日続けられることが一番大切です。
健康は日々の小さな積み重ねです。
最初は米糀を買ってきて甘酒を作っていましたが、種糀から始めることで色々な糀

タイトルとURLをコピーしました