全国の優良銘柄を造る蔵元が集結。日本酒「一合缶®」10缶飲み比べセットが新登場!

全国の優良銘柄を造る蔵元が集結。日本酒「一合缶®」10缶飲み比べセットが新登場!
全国10蔵元から厳選したワンランク上の日本酒「1合缶®(180mL)」を、10缶飲み比べセットでお届けします!「小容量・オシャレ・持ち運び便利」を実現させ、各蔵元の日本酒を一度に楽しめます。3度目となる一合缶プロジェクト、伝統的な日本酒に新たな風を吹き込む若者の挑戦に応援よろしくお願いします!

「適量・オシャレ・持ち運びベンリ」な缶入り日本酒ブランド「ICHI-GO-CAN(一合缶)®」を立ち上げました!

これまで、「ICHI-GO-CAN®」運営の株式会社Agnaviでは、2つのプロジェクトを行ってきました。
今回、新たに厳選した全国10蔵銘柄の純米吟醸・純米大吟醸の日本酒を届けします。さらに、クックパッド株式会社にもご協力いただき、より手軽に一合缶を楽しめる仕組みも提案させて頂きます。
◆ ◆ ICHI-GO-CAN®のプロモーションビデオ ◆ ◆

◆ ◆ 過去2回のプロジェクト概要 ◆ ◆
第1弾プロジェクト:有名マンガ「もやしもん©講談社/石川雅之」と農大生の農学原酒とのコラボ
(1190名の支援者様から募る。販売1か月で約1.7万缶が完売)

第2段プロジェクト:神奈川9蔵元の一合缶飲み比べセット
(377名の支援者様から募る。販売1か月で1万缶が完売)
◆ ◆ クラウドファンディングの資金使途 ◆ ◆

私たちは、取得の難しい酒類卸売業免許・酒類小売業免許の取得し、ECサイトや小売、卸を通じて消費者の皆さまに一合缶をご提供させて頂きました。しかし、多くの酒蔵様への缶の導入は進んでいません。そこで、本プロジェクトで資金を募り、今回の参加10蔵元様含む新規酒蔵様への缶導入のための活動費、また充填工場の設備投資費に充てたいと考えております。ご支援宜しくお願い致します!!

◆ ◆ 本プロジェクト発起の理由 ◆ ◆

世界各地で広がる新型コロナウィルスの影響は、経済・生活に大きな変化をもたらしています。日本酒業界においても、緊急事態宣言下による飲食店での酒類の販売停止などを受け、日本酒の消費は落ち込んでいます。
弊社は、コロナ禍の酒蔵を支援する「日本酒プロジェクト2020」をCAMPFIREにて立ち上げ、東京農業大学および国内大手リース会社様にもご協力頂き、全国56蔵元に対して短期的なサポート(支援者数:2563名、支援額:2622万円)を行いました。しかし、コロナ禍の影響は長引いており、その長期的な対策が必要です。そこで、弊社は、缶入り日本酒ブランド「ICHI-GO-CAN®」を立ち上げました。
*国内にて商標取得済。また、中国本土及び香港においても申請中。
◆ ◆ 日本酒の課題 ◆ ◆

皆さん、こんなことを思ったことはないでしょうか。

# 色々な銘柄を飲みたいが、4合瓶だと2本が限界
# 冷蔵庫の場所を取ってしまう
# 瓶をごみ捨てが面倒
# 旅行先で、日本酒を買ったが、荷物が重い
# 新鮮な日本酒を小分けにして飲みたい

また、ローカルな日本酒は、生産量が少なく、手に入りません。しかし、そういった日本酒は地域では愛されているものの、それ以外では中々流通することがなく、目にする機会は少ない現状です。また、店頭に置かれたとしても、数ある日本酒の中から消費者はどれを選べば良いか分らず、失敗したくないという思いから「聞いたことある銘柄を選ぶことが多い」という方がほとんどです。
そんな問題を解決するべく、一合180mLサイズのアルミ缶入りの日本酒ブランド「ICHI-GO-CAN®」を立ち上げました!
◆ ◆ 日本酒のポテンシャルを引き出す缶の未来 ◆ ◆

ICHI-GO-CAN®(一合缶®)は、適量なため、普段日本酒を飲まない人も手軽に楽しめ、お気に入り日本酒と出会えます。一合缶® には、蔵元を代表するお酒が入っているため、一合缶を飲むと、その酒蔵の味が分かる。 一合缶® は、そんな180mLサイズの缶入り

タイトルとURLをコピーしました