小さな薄い長財布 Hitoe® L-zip L – Liscio –

小さな薄い長財布 Hitoe® L-zip L - Liscio -
2019年に財布のクラウドファンディング国内歴代1位を達成した「薄い長財布 HITOE® L-zip L」が、これまでに寄せらた数々のご要望に真摯に向き合い、さらに小さく、大容量に進化しました。

小さな薄い長財布

Hitoe® L-zip Lは、薄い長財布です。
2019年に財布のクラウドファンディングで国内歴代1位を達成するなど、多くの方にご好評を頂いてきました。これまでにいただいたレビューなどをご覧になりたい方は、こちらのページのレビューにてご確認いただけます。

進化の余地はないと思われていたミニマルなデザインですが、一回り小さく、さらに大容量に、「小さな薄い長財布」として生まれ変わります。

・幅わずか17cm。カード20枚。そして圧倒的な薄さ。
・銀行通帳やパスポートも入る高い汎用性。

長財布として一つの極致に至りました。
Hitoe®とは

「鞄を持たず、手ぶらで足取り軽く出かけたい!」 その想いを叶えるために、Hitoe®シリーズは誕生しました。
薄さだけでなく、収納力とコンパクトさを追求した長財布が、この「Hitoe® L-zip L」です。
緻密に計算され工夫を散りばめ、これまでの常識を超える薄さとコンパクトさ、収納量を実現しました。

ミニマルなデザイン – Hitoe L-zip Lシンプルな外観
薄さ際立つ「Hitoe®(単)構造」

財布が厚くなるのは、カードとコインが重なるから。これを解決するのが「Hitoe®(単)構造」です。カードとコインを重ねず、従来の財布より圧倒的に薄くなりました。
重なる革は、わずか4枚、合計4.8mm。
紙幣10枚、カード10枚、コイン10枚、たっぷり収納してもわずか10mm。圧倒的な薄さです。
(最大で、紙幣30枚・コイン20枚・カード20枚程度まで収納できます。)

Hitoe構造 – Hitoe Fold Liscio L-zip Lカードコインが重ならないHITOE®構造
カードポケットが2箇所

カードポケットは2箇所。最大20枚のカードが収納可能です。
上部から出し入れするポケットは、大きめのカードも入ります。
横から出し入れするポケットは、クレジットカードサイズで、現金と併用しない免許証やクレジットカードを収納すると便利です。
たっぷり収納しても良し、数枚のカードで極薄を満喫するも良し、フレキシブルにご利用いただけます。

2箇所のカードポケット – Hitoe Fold Liscio L-zip L2箇所のカードポケット
幅17cmへの挑戦

これまでの薄さはそのまま、幅を1cm、1万円札がギリギリ入る17cmに縮めました。L型ファスナー長財布として国内最小(※)です。(※2021.8.31時点 自社調べ)
しかし、L型ファスナー財布の幅を17cmとすることは、かなり困難でした。なぜなら、紙幣を噛むリスクが高くなるからです。どのようにその課題をクリアしたか、それは・・・

Point 1
前モデルは、ファスナーを下に回り込ませていました。新しいL-zip Lは、横で止めました。そうすることで、財布を閉じた際、スライダーがスペーサーとなり、紙幣がファスナー側に寄ることを防ぎます。これは両端にスライダーがあるダブルファスナーならではの工夫です。
また、紙幣を噛みやすいのは、ファスナーの曲がり部分。特に紙幣が溜まる下部はリスクが高く、この曲がりをなくし、余白を最小にしています。

Point 2
財布の端部は、これまで一枚に綴じ合わせていました。
ポケットに入れやすい反面、革が曲がっているので、紙幣をステッチ際まで寄せることが困難でした。新しいL-zip Lはマチを設け、紙幣が端までスッと入ります。このマチにより、カードの収納枚数も増えました。

サイズ – Hit

タイトルとURLをコピーしました