飲む点滴「だし&栄養スープ」で子供たちを救いたい!

飲む点滴「だし&栄養スープ」で子供たちを救いたい!
天然素材を丸ごと使用した「だし&栄養スープ」。お料理のだしとしても、お湯をそそぐだけのかんたんなスープとしても使えます。栄養満点の食生活で、スポーツに取り組む子供たちのパフォーマンスを上げていきたい!

はじめまして!特定非営利活動法人フューチャースペース代表の沖田純子です。

バスケットボールを中心としたスポーツの普及振興事業や、スポーツのための食育・健康推進、地域住民への健康に関する研究会や講演会といった活動に取り組んでいます。

また、食育事業の一環として、今回のクラウドファンディングの目的でもある「だし&栄養スープ」の販売も行っています。

天然素材をまるごと使った「だし&栄養スープ」

私たちが販売しているだし&栄養スープは、カツオ、イワシ、昆布、原木椎茸、無臭ニンニクといった天然素材をふんだんに使い、無化学の安全安心製法で作られています。

真空窯で気圧の差を利用した減圧低温(60℃)状態での煮熟により、タンパク質が熱変性することなく、コラーゲン豊富なウロコや骨まで溶けて乳化します。

乳化した素材を高度な「限外ろ過膜」に圧力をかけて通すことで、脂質や異物は除去され、タンパク質は小さな分子ペプチド状となります。

1袋(500g)あたり、これらの素材を丸ごと使っています!

カタクチイワシ 約150~200匹(1匹 20~40g)
カツオ 約1本(1匹 1~2㎏)
無臭ニンニク 約30~35玉(1個 100~120g)
昆布 約650g
原木椎茸 約15~20個(1個 20~30g)

【調理だしとして】
汁物・煮物・炒め物・和え物・漬物などに幅広く使うことができます。

【栄養スープとして】
粉末なので、お湯をそそぐだけでかんたんに栄養が摂れるスープとしてもお使いいただけます。

小学校高学年くらいのお子さんであれば自分で用意できるため、手軽な栄養補給のために常備しておくのもおすすめです!
バスケットボールチームの子供たちの健康を守りたい!

私たちはスポーツの普及振興事業の一環として、バスケットボールチームの運営を行っています。

そんな中で、チームの子供たちの心身の健康や栄養面をずっと気にかけてきました。

「嗜好品や化学調味料の多い食生活で十分な栄養が摂れず、集中力やスポーツのパフォーマンスが落ちているのではないか?」

「体にいい食事を取ってもらい、スポーツでいい成果を出させてあげたい!」

だし&栄養スープは1袋3,375円(税込)です。

毎日の食事に使うとして、およそ1か月で1袋消費するのが目安となります。

しかし、収入に余裕がなかったり、保護者の方が忙しくてゆっくり食事を作れなかったりと、子供たちの家庭環境はさまざまです。

そんな中で、だしに1袋3,375円という金額をかけるのはむずかしい…という方も多いかもしれません。2人3人と子供のいる家庭ではなおさらでしょう。

そこでクラウドファンディングで資金を募り、チームの子供たち一人ひとりにだし&栄養スープを配りたい!と考えました。

だし&栄養スープの良さを分かってもらい、日々の食事に継続的に取り入れてもらうには、2か月程度は飲み続けてもらいたいところです。

皆さんの力を借りて子供たち全員にだし&栄養スープを行き渡らせ、成果を上げてもらいたいと考えています。ぜひ応援よろしくお願いいたします!

コロナ禍で体育館が使えない状況の中、子供たちのモチベーション維持が課題でした。

そこでオンラインで個別レッスンを行い、一人ひとりに合った自主トレの課題を出したり、ヨガインストラクターの方にバスケットボールを使った体操を考案していただいてチーム内で配信したりと、さまざまな取り組みを行いました。

体育館で思いっきり体を動かすのがスポーツの醍醐味です。

通常の練習が

タイトルとURLをコピーしました